求道blog

本日の記録 3/22 (普天間基地移転問題)

Posted in 社会 by UBSGW on 2006年3月22日

普天間基地移転問題に関して与党自民党の一部から出されている微調整案についての新聞記事をみて唖然。
微調整案に対する一部政府筋の見解が掲載されていましたが、内容は「アメリカ政府から何をやっているのか!と言われる」んだとか。

アメリカ政府からの圧力(?)が事実だとしても、日本政府の政策決定に関してそうした事実を論拠(理由)とするのはなんだかヘンだと思いますが。単に「急げと言われているから・・・」ではなく、他国からの圧力や問題解決の遅延が、日本の国益にとって如何なる不利益をもたらすかという点を、まずは明確にして国民に伝えるのがわが国の政治家・官僚に求められる役目であるはず。

日独伊三国同盟締結問題に際して、「ドイツ政府から『はやく結論を出してくれ』と言われている」として国内の意思統一を性急に求めた官僚が居たそうですが、あのころと今の日本は大して変わっていないということですかね・・・。

今日は走り書きでした。
読み飛ばしてください。

広告
Tagged with: ,

本日の記録 3/22 (普天間基地移転問題) はコメントを受け付けていません。