求道blog

警察発表とマスコミ その2

Posted in 報道・ジャーナリズム by UBSGW on 2006年6月21日

人権を守るべき報道の人権侵害は本末転倒である
情報はすべて自分の足で確認し、記事化する。昔からのこの鉄則を厳守しなければならない
「発表を疑ってかかる」「情報確認を繰り返す」-。記者たる者、この原則を断じて逸脱すまい。この多忙な現代、真実の報道は大変な労苦を伴う

「足で書く―記者のバイブル」(東奥日報2004年8月22日)
ここで紹介されている『支店長はなぜ死んだか』がどうも入手困難・・・なんとかせねば。

P.S.類書をご存じの方がありましたらどうぞご教示下さい。

広告
Tagged with: ,

コメント / トラックバック2件

Subscribe to comments with RSS.

  1. じゅん said, on 2006年7月3日 at 19:19

    TBありがとうございました。こちらに。
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4167248026/249-1264366-0452357

  2. ubsgw said, on 2006年7月3日 at 23:21

    じゅんさん、
    ご教示ありがとうございました。
    (『支店長はなぜ死んだか』文庫であるんですね。)
    調べが甘かったようです。早速あたってみます。


現在コメントは受け付けていません。