求道blog

『うちの女房、うちの息子』

Posted in 日本文学一般 by UBSGW on 2006年7月16日

読了。
最初は随筆集と思って読み進み、しまいまで読み終わると「ハテ、もしやあれもフィクションだったか??」と感じるような一冊でした。
[amazon asin=’B000J96074′ type=’banner’]

広告
Tagged with:

『うちの女房、うちの息子』 はコメントを受け付けていません。