求道blog

真実~『そして夜は甦る』より

Posted in 日本文学一般 by UBSGW on 2006年7月22日

私は新宿に戻るまで、愛情や真実や思いやりの方が、憎しみや嘘や裏切りよりも遥かに深く人を傷つけることを考えていた。・・・苦しみもまた分かち合わなければ癒されず、むしろ増大するものらしい。真実を明らかにするより、敢えて他の男との関係を疑われることを選んだ女の真情を、私は理解しようとしてみた。絶えずどこからか”真実は告げられるべきだ”という声が聞えたが、私自身そんなことを信じてはいなかった。

(P237)

[amazon asin=’4152033495′ type=’banner’]
[amazon asin=’4150305013′ type=’banner’]

広告

真実~『そして夜は甦る』より はコメントを受け付けていません。