求道blog

自己表現について

Posted in 備忘録 by UBSGW on 2006年7月31日

先日、舞台に立ってきました。とあるパフォーマンスの為に。

何度も経験してきたことですが、決して満足出来た試しがありません。それは何故か。
1.表現内容が洗練出来ていない。(あやふやなままにしてしまっている)
2.表現技術の未熟
3.心構えの未熟さ

1については勉強と経験を今後も積んでいくほかないのかもしれませんが、2、3特に3に関してはその気になれば今の時点でも実現可能であるだけに忸怩たる思いが残ります。

その気になれない。

やる気がないという意味ではもちろんありません。よりよいパフォーマンスをしたいのはヤマヤマです。しかし出来ない。原因は一つ。一面でよりよいパフォーマンスをしたいと思う反面で、しくじったら拙い、しくじりたくない、という守りの意識が残っているからなんだろうと思います。”身をすててこそ浮ぶ瀬もあれ”ではないですが、自己表現と守りの姿勢は相容れないのではなかろうか、とも思います。

次の機会には必ず・・・・

ところでそのパフォーマンスの際に気付いたんですが、どうも私、視力が極端に低下しているようです。(最近少しばかり読書量が多めなせいかも。単にコンタクトの手入れが悪いせいではないようで。まさか老眼!?)
そういえばしばらく前から、夜間走行が恐ろしい・画面がぼやける・人の顔が判別しづらい・字面に焦点が合いにくい、などなど思い当たる節が多々。困ったもんです。

梅雨も明けて戸外にいることも多くなってきたのでせいぜい目を労ってやろうと思ってます。今日の空は青かった~!

広告

自己表現について はコメントを受け付けていません。