求道blog

北方謙三『帰路』

Posted in 日本文学一般 by UBSGW on 2006年8月10日

読了。

こんなことにこだわるようになったのも、ハードボイルドとよばれるジャンルの小説を書きはじめてからだ。直接的な心理描写はしない。物に心理を仮託する。簡単に言えばそういうことだが、ありふれた物を使うのはなかなか難しい。それで、いっぷう変ったものを持ち出してしまう。その時点でひとつの勝負は降りていると思うのだが、ありふれたものの難しさというのは、いやというほど知っていた。時間に追われ、安直な方法を選んでしまうのだ。

[amazon asin=’4061848313′ type=’banner’]

広告
Tagged with:

北方謙三『帰路』 はコメントを受け付けていません。