求道blog

北方謙三『夜の終り』

Posted in 日本文学一般 by UBSGW on 2006年8月12日

読了。
主人公であるオルゴール屋の店主はかつて裏街道の仕事師。古い仕事仲間の息子の依頼を受けて5年ぶりに仕事を受けて・・・。

読後感ひとこと。また主人公が死んだ・・・

[amazon asin=’4061846388′ type=’banner’]

広告
Tagged with:

北方謙三『夜の終り』 はコメントを受け付けていません。