求道blog

新時代~『エデンの東』より

Posted in 雑記, 格言集 by UBSGW on 2006年8月20日

なるほど、二人がかりなら一人より大きな石を持ち上げられよう。集団でかかれば、一人でやるよりよい車を早く作れるだろう。大工場で生産されるパンは安くて均質かも知れない。だが、衣食住のすべてが大量生産という複雑な機構から生み出されるようになるとき、私たちの思考にも大量生産方式が入り込むことは避けられない。それは他の思考方法を排除する。大量生産の時代、集団生産の時代だ。経済にも政治にも大量生産が入り込む。・・・人類は、唯一、創造する生物種だ。創造のための道具は個人の心と精神であり、それ以外にはない。何であれ、二人がかりでの創造などあったためしがない。音楽であれ、美術であれ、詩であれ、数学であれ、哲学であれ、協同による創造などはない。ひとたび創造の奇蹟が起これば、集団がそれを敷衍し、発展させていくことは出来よう。だが、集団が何かを発明することは決してなく、価値は個人の孤独な心の中にこそある。だが、いま、自由で放浪する心は追跡され、捕縛され、鈍らされ、薬漬けにされる。人類は、種として悲しい自殺への道を選択したように見える。

広告

新時代~『エデンの東』より はコメントを受け付けていません。