求道blog

スタインベック『エデンの東』

Posted in 海外文学一般 by UBSGW on 2006年8月25日

少し前にこの著作について書いてみましたが、もう少しだけ。

全四部構成。(ジェームズ・ディーン主演の映画は第四部のみを映画化したものだそうです)
この作品、今年になって読んだ本のうちで最も気に入った本です。今後とも座右に置いて折々再読したいと思っています。
訳者は土屋政雄さんで、翻訳本であることを忘れるくらいスラッと読める、とてもこなれた文章です。

読んで感じたことをまとめてみようかと思いましたが、どうも意欲が湧きません、今日は。
もし気が向いたらまた書いてみるかもしれません。
今日は尻切れトンボでした・・・・

[amazon asin=’4152086327′ type=’banner’]
[amazon asin=’4152086335′ type=’banner’]

広告
Tagged with:

スタインベック『エデンの東』 はコメントを受け付けていません。