求道blog

web2.0って何?

Posted in 雑記 by UBSGW on 2006年8月31日

よく読ませて貰っている落合洋司弁護士のブログ「日々是好日」
ふと、こういう文が目に留まりました。

”国民が国民を監視する、というのは、治安の上でのWEB2.0のような面もあり”

??web2.0って何だ??
IPv6とは違うのかな?
治安の上でのweb2.0ってどういうこと?

知っててあたりまえの概念なのかもしれませんが、実際のところホントに初耳でした。web2.0。
そこでネット検索。

ありますあります。たくさんあります。
その中で・・・コレ。「61歳人気ブロガーが語る、Web2.0時代のアクセスアップ術」 
これ読んでなんとなく分かってきました。

ところで、
ネット上に流通する情報は玉石混淆。真偽不明。従来ならば”情報は”そのプロフェショナルたるマスコミが取捨選択・裏を取った上で流通するものであった。それが常に適切であるかどうかはともかく。ところがネットの普及によってそうした作業抜きで情報が流通する、させることが容易になるわけですよね。

そんなわけで
個人にとっても、あるいはマスコミその他の組織にとっても、様々な情報に対する目利きが今まで以上に必要とされる、のかなと思いました。

濾過されない情報の真偽は疑うべし
とはいえ濾過されすぎた情報も危険

最後に
○ちゃんねるのようなネット上の掲示板における書き込みを眺めていると、物事を様々な観点から吟味した上で言葉を選び表現する、というのは今の時代とそぐわないのか、などと考えさせられます。言いたいことは放言するべし、なのかな・・・。放言の集積の末に一つの真実が見えてくる、ということはあるのか?

「日本は高齢化社会。マスメディア主導で情報を供給する仕組みに慣れている中高年にとって、ブランドのある会社がおすすめ記事を提供する“Web1.0的”な仕組みの方が安心できる。日本では古いメディアが長続きするだろう」

「61歳人気ブロガーが・・・」より引用

これも放言?
姜尚中氏の福岡応援に石原知事反発 「怪しげな外国人」

広告
Tagged with:

web2.0って何? はコメントを受け付けていません。