求道blog

警察に協力的すぎた

Posted in 警察・司法 by UBSGW on 2006年9月6日

(Internet Watch)

金子さんは『Winnyの開発を止めるという誓約書を書いてもいい』と言ってしまった。そこで捜査員は『著作権侵害を蔓延させるためにWinnyを作りました』といった言葉の入った申述書の見本を作り、金子さんがそれを書き写した」

金子氏は「警察は正しいと思っていたので、警察がそこまで言うならまあいいだろうといった気持ちで応じていた。弁護団の方々に会い、これはプログラマー全体に対する幇助の問題にもなってしまうので、安易に警察の言い分に従うのは誤りだと思った」と説明。警察や検察は信用できず、何を言っても悪いようにしか取られないので、途中からは黙秘したと語った。

金子氏の弁護人氏のサイト アターニーアットロー~博士と私

広告
Tagged with: ,

警察に協力的すぎた はコメントを受け付けていません。