求道blog

浅田次郎編『待つ女~浅田次郎読本』

Posted in 日本文学一般 by UBSGW on 2006年10月8日

読了。

浅田による三島由紀夫論「寂寞の庭にて」が収録されています。

ずっと(私が)敬遠してきた三島由紀夫ですが、人生を左右するほどの多大な影響を浅田次郎という一人の人間に与えたらしい彼の作品をもう少し読んでみようかと思います。
[amazon asin=’4022577053′ type=’banner’]

広告
Tagged with:

浅田次郎編『待つ女~浅田次郎読本』 はコメントを受け付けていません。