求道blog

山田詠美『マグネット』

Posted in 日本文学一般 by UBSGW on 2006年10月11日

読了。

山田詠美の短編集。9編収録。
テーマは罪と罰。
捜査1課の刑事であった義弟との関わりのなかから生れた作品集だそうです。
この本を締めくくる「最後の資料」のなかにその義弟の死が描かれています。
ただし、刑事モノではありません。
日常における罪と罰といった感じです。

二人は、憑かれたように他人の生活に夢中になっている。正確に言えば、他人の生活を自分たちのそれと重ね合わせることに。重ね合わせると、どちらかがはみ出す。そのずれた部分に対して、喜んだり悲しんだり。

~「瞳の致死量」より引用

物書きになって、私は楽になった。それは、自分の身にどのような事件が起ころうとも、客観視する習慣を手にしたからだ。大丈夫、やがて作品に結び付く。そう自分に言い聞かせることで、どれ程の問題を片付けて来たことか。

~「最後の資料」より引用

個々の作品の密度はけっこうバラバラのような気がしましたが、「最後の資料」一作で私は満足です。せつなかった・・・。

[amazon asin=’4877282912′ type=’banner’]

広告
Tagged with:

山田詠美『マグネット』 はコメントを受け付けていません。