求道blog

学校は社会の縮図か

Posted in 教育 by UBSGW on 2006年10月16日

福岡で起こったいじめによる中学生自殺の記事を読みました。級友らから罵られた上に教師からも嘲りを受けていた少年が学校の中で孤立感を深めていったであろうことは想像に難くありません。前年度の担任教師に不適切な(言語道断な)言動があったということですが、ほかの先生方は何一つ気付かなかったのかどうか気になります。

しかし、「からかいやすかったから・・・」というのはあまりと言えばあまりの話です。そもそも保護者から受けた相談事を、当人どころか級友達の前で暴露したのはどういうわけだったんでしょうか。当人にしてみればそれをネタに級友らからいじめられるようなことがもし仮に無かったとしても、教師や学校に対する信頼感は完全に失われてしまったのではないかという気がします。暴露された時点で既に。教師はそこで二重三重の過ちを犯してしまったように思います。

  1. 保護者からの相談があったことを本人に知らせたこと
  2. 同じく級友に知らせたこと
  3. それをからかいのタネにしたこと

特に後者二つは無条件に×だと私は思います。1についても、そうした対応が必要とされるのは極めて例外的な場合に限られるような気がします。

教師(権威者)が自らの言動をつうじてある人間に対するいじめを承認する。そして生徒(その他大勢)の一部は積極的にいじめを実行する、また一部はわれ関せずを決め込む(ちょっと乱暴な言いざまかもしれませんが)。そこにはもう教育なぞというものは欠片も存在していません。また、教師をマスコミと読みかえ、生徒を世論と読みかえれば、われわれ社会の状況を表しています。「弱い者は叩け、ドブに落ちた犬は打て」。もしこれが実態ならば、まさに悪しき意味での社会の縮図だという気がしてなりません。「からかいやすかった」というのはまさに本音だったのでしょう。そして今度はこの教師がマスコミや世間から「からかいやすい」ドブに落ちた犬のような扱いを受けることになるのでしょう。因果応報といえばそれまでですが。

最後に
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061015-00000056-mai-soci
ここで記事の末尾に次のようにあります。

 自殺した男子生徒と仲が良かったという生徒の母親は「1年ごとに担任は変わるし、担任はきちんと一人一人の生徒を見てくれていたのだろうか……。今、子供はとても傷ついている。学校は今わかっていることを説明してほしい」と不安そうな表情で語った。

これを書いた記者は読者に何を伝えんとしているのでしょうか。
「子供はとても傷ついている」
もしかしたら子供こそが犠牲者だと言いたいのかもしれませんが、この記事の文脈でそういうことを書いても余計な予断や勘違いを生む危険性のほうが高いというか、読者を誘導しようとしている気配を感じます。
この保護者がそう云う意味のことを言ったというのは”事実”なのでしょうが、脈絡から外れた”事実”だと私は感じます。敢えて書いたのはどういう意図からでしょうか。
もちろん私の新聞じゃありませんし、書くのは自由ですが。毎日の記事には違和感感じることが多いです。そういう方針で書いてるんだと思って読めば何と言うこともないですが。

尻切れですが、また後で書いてみます。

広告
Tagged with: ,

学校は社会の縮図か はコメントを受け付けていません。