求道blog

(紹介)「学校のことは忘れて欲しい」

Posted in 教育 by UBSGW on 2006年10月21日

いじめに関して、とても腑に落ちるというか納得できる記事を読みました。

「内田樹の研究室」より
学校のことは忘れて欲しい
http://blog.tatsuru.com/archives/001961.php

「教育はどうすればもっとよくなるのか」という創意工夫を自分の責任において引き受ける人の数が増えれば増えるほど教育は「よくなる」。
当たり前のことである。
「ありうべき教育」がどのようなものであるかは「こちら」で決めるから、教師たちはそれに従うように、という教育行政のあり方そのものが教育をダメにするのである。

 注)お友達の「平川くん」の書いたものを引用されています。
   多分こちら。「カフェ・ヒラカワの店主軽薄」

引用させて貰った部分も含めて、まったく同感です。

私が紹介するまでもなくたくさんの読者がついているブログのはずですが、僭越とは思いつつ念のため紹介させてもらいます。

広告
Tagged with:

(紹介)「学校のことは忘れて欲しい」 はコメントを受け付けていません。