求道blog

「冬のソナタ」と半島情勢(学力低下がそこまで・・・)

Posted in 音楽・映画 by UBSGW on 2006年11月23日

映画「JSA」を見ました(今さらですが)。

公開されたのは2001年だそうですが、この映画を見ていると朝鮮半島の統一は決してもう絵空事ではないのだろうな、と感じます。

そういえば今年の9月には米韓連合軍の戦時作戦統制権がアメリカから韓国へ返還されることが決まったというニュースを読んだ覚えがあります。
以前から韓国がその返還を求めていたのに対して当初アメリカ側は難色を示していたそうですが、急に返還に同意して、しかもそれが韓国の要求よりもかなり早い時期に返還すると言い出して今度は韓国が慌てているような情勢のようです。

韓国の対北朝鮮太陽政策は韓国内では(韓国のメディアでは)不評のようですが、少なくともここ数年で朝鮮半島情勢は統一へ向かって着実に進んでいるような印象を受けます(とはいえキムさんがああですし、まだ大きなヤマが残っているのも確かでしょうが)。

日本とアメリカが(日本だけが?)日米同盟関係の強化を盛んに言っていますが、お隣の韓国は方向としてはアメリカとの間合いをかなり慎重にとっているようです。

朝鮮半島情勢に関する私の乏しい知識によれば今の状況は

運命の恋人北朝鮮(チュンさん)とのようやく想いを遂げることが出来そうな韓国(ゆじんさん)が、それまで反共という幻想を共にして付き合ってきたアメリカ(サンヒョクさん)との間で揺れ動いてる

そんな感じに見えますね。

※「冬のソナタ」の放映時期を調べてみると、2002年初頭に韓国KBSで放送(翌年には日本でもBS2で放送)、となっていました。

2000年初頭に当時の金大中大統領が「南北経済共同体構想」を発表するなどして、西ドイツの「東方政策」に範をとった”太陽政策”が唱えられ、アメリカや国連その他の国際社会においても南北対話を勧奨するような状況でした。
韓国の世論・野党には北朝鮮宥和政策への批判の声もあったようですが、2002年後半から野党指導者として盛んに太陽政策を批判していた盧武鉉は、同年の大統領選直後に「太陽政策以外に代案はない」と表明して以後、今日まで政策は維持されてます。

つまり「冬ソナ」が韓国で放映された時期には与党が太陽政策を推進し、これに大統領選を控えた野党と世論の一部が批判的視線を送っていた時期だと言っても良いようです。そんなわけで「冬ソナ」は、北朝鮮に対する太陽政策を国民意識の深いところに浸透させる役割を果たしたと考えることはできなくもなさそうです。

私もつくづくヒマな人間ですね。こんな事を今さら・・・。

サンヒョクさんはゆじんさんがチュンさん(ミンヒョンさん)とくっつくのはとりあえず許せない。(「小さいときから面倒見てきたのに~ぃ。今さらチュンさんなんかに取られてたまるか!お金も命もかなり使ったんだぞ!!」)

戦争という事故のあと、チュンさんが38度線の彼方に消えてから数十年後、独裁者キムさん=理事ミンヒョンさんとして現われたとき、ゆじんさんはチュンさん(=ミンヒョンさん)に想いを告げることは出来ない(揺れてるけど。だって中身はチュンさん=”同胞”だから)。

想いを告げられないわけは、チュンさんがチュンさんとして(同胞として)ではなく、ミンヒョンさんすなわちキムさん(を頂点とする独裁国家)として存在しているから。それともう一つ、サンヒョクさんとその家族(西側諸国)の手前もあって、チュンさんと添い遂げるなどと言い出すことは行きがかり上言えなかった(サンヒョクには何かと助けてもらったし)。

ところが反共産主義という名目が消え去って外野の思惑を気にする必要が薄れた今、運命の赤い糸で結ばれた二人にとって障害はチュンさんがチュンさんとしてではなくミンヒョンさんとして存在しているというその一点だけとなったのであった。
チュンさんがチュンさんとして現われてさえくれればゆじんさんはその胸に飛び込んでいける(チュンさんを受け入れることができる)。

しょせんサンヒョクさんはゆじんさんとは添い遂げられない運命なのよ。サンヒョクさんの役割はラジオで”民主主義と正義”を垂れ流すことだけ。

チュンさんがミンヒョンさんとしてではなくチュンさんその人としてゆじんさんの前に現われたとき、サンヒョクさんに出来ることはもう身を退くことだけ。そのとき婚約(作戦統制権)などは反故にするしかないのだ。
サンヒョクさんが

「そんならええわぃ。とっとと解消しちゃるわい」

と、ゆじんさんの予想よりも早めに婚約解消しても大勢に影響はないのでした。ゆじんさんもちょっとだけ慌ててるけど。
それはまだ二人の(チュンさんと自分との)関係が確定してないから。ただそれだけ。

ゆじんさんとチュンさんが両思いなのは(サンヒョクさんも含めて)周囲の誰もが認めているのだ。
チュンさんがミンヒョンさん=キムさんでさえなければ全てが解決する、と誰もが思っている、分かってる。もちろんそれを快く思わないサンヒョク、チェリン・・・・。
でも運命には逆らえないのだ。

そんなこんなで「冬ソナ」は統一を果たしたいという韓国の人々の無意識の願望を象徴するドラマなのでありました。

とすると、核に関するイザコザはチュンさんとサンヒョクさんのつばぜり合いと見ることも出来るな・・・。

なるほど。ともするとゆじんさんがキムさん(ミンヒョンさん)の肩を持ってるよう(宥和的に)に見えるのもむべなるかな??

おーおー

すると美女をめぐるつばぜり合いを演じる二人の男の(下世話な)戦いを以て「ミンヒョンさんの脅威」をみっともない有様でヒステリック気味に叫んでいる日本は、サンヒョクにベタ惚れしていることに自分でも気付いていない、恋に盲目状態の可哀想な一人の女、ということか?

「そうよ!あなたのいうとおりよ!!サンヒョク。ふたりでやっちゃいましょうよ、あのミンヒョンの奴!!あなたの敵は私にとっても敵よっ!」

あなたには可哀想(に見える)なサンヒョクさんに助太刀したところで、コトが済めば忘れられちゃうのになぁ・・・(だってサンヒョクさんは自分の欲望に忠実なだけだから。)。

あっ、後で捨てられないように今から尽くしに尽くしているのか。なるほど、日本はサンヒョクにベタ惚れしてる(脇役の)女なのだ(脇役ってのは朝鮮半島問題に限っての話)。脇役がいくら叫んでも相手にされんわなぁ(安保理では確かにそうだった)。

なんだか話が大きく逸れた感もありますが・・・

結論はといえば

「冬ソナ」にしろ「JSA」にしろ、これらは韓国の北朝鮮(というよりも北に住む同胞たち)との統一への熱い想いが込められているような気がした、ということでした。(冬ソナは低く、JASは高い声でね)

今頃になって「冬ソナ」初体験の私が言うのもナンですが、一見の価値あるドラマです。試しに見るならこちらでどうぞ。
http://www.aii.co.jp/contents/sonata/fuyu_vod.html

「そんなもん、わざわざ金払ってまで見るのもねぇ」と思っているアナタ(昨日までの私のことですが)、無料ですから試しにどうぞ。(あ、Macでは見れないんだって。どこか他でも見れるところがあるのでしょう、多分。)
これって釈迦に説法、かな・・・。

などといいながら私自身「冬ソナ」はまだ全部見たわけではないんですが。
全部見たらまた新バージョンを書いてみようか・・・
(サンヒョクさん(アメリカ)にベタ惚れしてる日本に該当するキャラが出てくるのだろうか?)

これを書く前には日本の学力低下がお隣にまで聞こえている、ということを書くつもりだったんですが、「JSA」と書いた瞬間に話が脱線しました。

子どもたちを新宿のインターナショナルスクールに通わせるのは、もはやいじめの問題ではなく、勉強をさせないことで有名な日本の学校に通わせたら、劣等生になってしまうと懸念するから

日本でのんびり暮らしたあと、韓国に戻ってくると、子どもも学校でバカ扱い、親も社会でバカ扱いされる可能性が高い

人間の本質的な側面で、われわれが日本の国民に比べ、明らかに肩の凝る毎日を送っている

朝鮮日報

「のんびり」「勉強させない」ことで有名なんだな~
しかし、なんだか向うの新聞の語り口はこちらのそれよりも断然歯切れがよい気がします。日本のマスコミは既に自主規制体制か!?

俳優さんの演技もなんだかあちらのほうが・・・

隣の芝生は青いだけ、であって欲しいかも。

広告

「冬のソナタ」と半島情勢(学力低下がそこまで・・・) はコメントを受け付けていません。