求道blog

「防衛省法案」衆議院通過~その2

Posted in 政治 by UBSGW on 2006年12月2日

はたしてお坊ちゃま軍団はどこまで暴走するのか。

核武装、集団的自衛権、自衛軍創設・・・。

とりわけ核武装に関しては非常な疑問を感じる。私の言う疑問とは「核武装は是か非か」という形のものではない(有り体に言えば是か非かと問われれば言下に「非」と答えるが)。自衛隊と米軍との一体化を図る流れと独自核武装はどのような形で整合するのだろうか、という疑問である。

すでに米軍と一体化しつつありまた過去数十年にわたって米軍の核の傘の庇護下にあった日本がなぜ今頃になって独自核武装などする必要があるのか。

「いや、議論は必要だ」と言う者があるかもしれない。とはいえ実現可能性のない議論を政権中枢にいる者が今行う必要性はそれほどまでに高いものなのだろうか。
現在のところ、核兵器を保有している国はほぼ安保理常任理事国5カ国と重なっている。もし国際社会において「ぼくも核兵器もつことにしま~す」と新たに言い出した国があったとして、すんなりと承認される国が(日本に限らず)一国たりともあるだろうか。

確実に言えるのは二つ。
・五大国は自分たち以外の国が核兵器を保有することを許さない。
・五大国以外の国々もまた今以上に核保有国が増加することは望まない。

つまり新たな核保有国は誰からも歓迎されないということである(イランや北朝鮮にしても核保有への意欲は「むざむざやられたくはない」という消極的なものだと考えるのが妥当ではないか。なぜなら通常使用されることが想定されない兵器に莫大な費用を投じることは、いかなお金持ち国でさえ積極的にやるとは考えにくい(その点、そうした”経済的”思考法は現在の日本国首脳陣がお得意であろうと思う)。もちろん、「あいつは悪い独裁者だからなにをやるかわからない」と言う人はいるだろうけれど)。

北朝鮮には核保有は許されないが日本が持つのは許される、とでもいうのだろうか。政治体制の違い、経済的キャパシティ、民度、技術力云々、どれをとっても彼の国よりも日本の方が遥かに上だ、という向きもあろう。しかし仮にそうであるからと言って果たして国際社会が日本の核保有を認めるということがあるだろうか。私にはどうもそうは思えない。

以下 videonews.com「日本核武装論を嗤う」より引用

日本では殆ど報道されないが、日本はIAEA査察官が8人も常駐するれっきとした核査察対象国だ

そもそもIAEAという組織が、戦後日本とドイツの核武装を防ぐことを最大の目的に結成された組織であることを、日本人の多くが正確に認識できていないのではないか

(発言者は元IAEA広報部長吉田康彦氏)

仮にも日本国を代表する行政府のトップ及び政権政党のリーダーたちたるもの、国際社会において核保有のニューカマーが歓迎されることなどあり得るかどうかは十分すぎるほどの検討を既になされていることは疑うまでもない(たぶん)。
それらの衡量をなしたうえで、敢えて何らかの目的があるからこそ核論議をなそうとされているのであろうが、どうもそのあたりの真の意図が(残念ながら)見えてこない(知られて困ることがあるわけでないだろうに)。

日本でも核保有の可能性について論議すべしという方たちは、日本があたかも北朝鮮のように国際社会から爪弾きされることを覚悟の上でそのような論を述べておられるのだろうか。もしも「ボク(日本)だけは特別だい!!」などとお考えなのであればあまりにもお目出度い限りであるが。

日本では拳銃の所持は禁止されている。例外的にごく少数の人(警官etc)が所持していることもある。
さて、ここでお隣のチト怪しげな御仁が

「おれ、ハジキ(拳銃)持ってるからな!なんかあったらいつでもぶっぱなすぞ、コラ!!」

などとしばしば無体なことをおっしゃっているとする。

「じゃ、おれも対抗して持たせてもらうぜ」
とか
「おれも持ってるぞ、ゴラァ!!」

などと言い出す奴は馬鹿である。

周囲からは

「阿呆ちゃうか!?」
「太郎ちゃん、ああいう人には近づいては駄目よ、危ないから」

などと言われる(かもしれない)。

そんなときはさっさと警察に通報するのがまっとうな市民であろう。
(ハテ、いまふと思いましたが、個人がもし拳銃ではなく核兵器を持っていた場合の通報先は警察?それともIAEA?どちらでしょうね??  な~んてね。これこそまさに無駄な議論だよ。中川会長さんにも教えてあげよう。)

わざわざご近所さんに痛くもない腹を探られるようなことをする馬鹿は・・・ほんまもんの馬鹿である。

口調がだんだん地金を露わにしてきたようなのでそろそろ結論。

今の日本で私が一番恐いと感じる人たちは全て文民である。軍人よりも自衛官よりもよほど恐いのが文民なのです。

「羊の皮を被った オオカミがきたぞ~ぉ」

などと言ってたら「おまえは馬鹿なオオカミ少年だ」と言われましょうか・・・ハハ。

広告
Tagged with: ,

「防衛省法案」衆議院通過~その2 はコメントを受け付けていません。