求道blog

ハラスメント?晴らすメント?

Posted in 社会 by UBSGW on 2006年12月16日

医師に「くたばれ」メール、看護師逮捕(goo news)

昨晩この”事件”をyahoo newsで読んで「これで逮捕??」と思うことしきりでした。goo(産経新聞)の記事を読んで少しだけ疑問がほぐれましたけど、それでも腑に落ちない部分、ありますね。

腑に落ちないと言えばこちらも。

国立大助教授に停職4カ月、「不正」請求、「アカハラ」(西日本新聞)

厳しい指導への恨みをはらすメント?

学生計5人に対し「卒業させないぞ」としかったり
机をたたいたりし
学生5人が、学内のハラスメント相談窓口に相談したため、一連の問題が発覚
大学側に無断で購入(・・・)業者に架空の請求書を作成させ(・・・)研究成果を急ぐあまり(以下略)

学生らを過度にこき使っていた、ということなのかもしれませんが、記事だけ読むと「卒業させないぞ、卒業したくないのかな?キミは」ってのもこれからさき禁句になっていきそう。

「机たたき」?ダメ?
じゃ、ろくな教育・躾も受けぬまま将来会社に入ってからあかつきには、強く叱る職場の上司はパワハラで訴えるしかないね。ただし出世はあきらめなさいな(もしくは肩を「たたかれる」だろうね)。

そしたら上司、経営陣、株主をみんなまとめて訴えちゃおうか?これ、何ハラって呼ぶことにする?
そんでもって経営陣と株主は「重税ハラ」で国と自治体訴えればいいよ。
そして国(日本)は近隣諸国に対して「戦争責任ハラスメント」には耐えられない!と武力に訴えることが出来る環境が整っていればなおよろしいかも。

若者たちにとっては、低賃金でギュウギュウ「首を絞められる」社会に旅立つまでは優しくスポイルしてもらわないと割に合わないのかも。

冗談はさておき
このテの記事には大抵、書かない方がマシな「事実」もあるような気がします。(もっとも、読者にリテラシーがあれば問題ないのだろうが。すいません、持ち合わせてないもので)

「セクハラ」「パワハラ」「アカハラ」・・・。
いじめだって言ってみれば「スクハラ(スクールハラスメント)」

人の嫌がる行為、いじめはもちろん非難されるべきでしょうが・・・。
何にでも「ハラ」付けて排除する(排除を容認する)傾向には、ちょっとばかり気色の悪いものを感じることもります。

気色悪さの原因はおそらくその「ヒステリックさ」にあるな、私の場合。
おお、そういえば「ヒステリー」という言葉も既に”色モノ”扱いされているのだったな。

言葉が一人歩きしているかのような「ハラ」問題を耳にするたび、「まず言葉ありき」だなぁ、などと思う次第。
しかしそこはほんとのところは「言葉」以前に「神がある」と思うのだが・・・(聖書の記述者は神の存在をアプリオリなものとして全く疑っていないはずだから)。
神、善きもの、愛・・・なんと名づけてもよいのだけれど。

「ハラ」君好きの人々の立場からすると子羊を殺して神に供えるような敬虔な人間に対しては、神はこれを拒否して天罰を下さねばなるまい。
「”なんの罪科もない”いたいけな生き物を殺すしてはならない」はずだろう?。

供える対象が神だから許される?
では我々にとっての「神」とはなんなのだろうか。
「国家の秩序」「規範意識」「おらがむらの安寧平穏」?

神無き日本の未来に繁栄あれ!

広告
Tagged with:

ハラスメント?晴らすメント? はコメントを受け付けていません。