求道blog

一日遅れの新年

Posted in 備忘録 by UBSGW on 2007年1月2日

古来、「一年の計は元旦にあり」とはよく言われる言葉である。
よって不肖私も1月1日付でちょいと辛みの効いた一文を掲げたいと思っていたのだけれど、既に昨年末より酒と読書の二大悦楽に溺れてタイミングを逃した次第・・・。

ともすると自分の誕生日など忘れてしまう粗忽者ですら、新年を迎える諸々の始末・行事には「歳を重ねる」ことの厳粛さとでもいうのか、ある感慨を催させられる(呑んだくれながらではあるけれど)。頂戴した賀状にもまた、その人その家庭の「行く年来る年」を(勝手に)感じて「幸おおからんことを」と祈らずにはおれない。

今年もまた例年の如く、愉快なこと腹立たしいことやりきれない思いをすること嬉しいことが起こるだろう。
今年をこそ良い年にすべく努力しよう。一日々々を大切にするように。一瞬々々を慈しむように。

あれあれ?なんだか仮面が勝手に饒舌っているようだ。

さしあたり今年の一言テーマは「愉快」としよう。
愉快に楽しく馬鹿々々しく日々過ごす方針に決定。
(それともう一つ追加。ブログの文章を出来るだけ練ること)

さてさてまた読書を・・・(いそいそ)。

広告

一日遅れの新年 はコメントを受け付けていません。