求道blog

おもちゃの兵隊とお伊勢参りに思う

Posted in 雑記 by UBSGW on 2007年1月6日

正月恒例だとかいう現役首相の伊勢神宮参拝。
いつ頃からの恒例なのか知らないが・・・・。
首相動静記事によれば、たまたま首相という地位に就いている人間の私的な参拝というわけではないようで。
【首相動静】1月4日 (産経新聞)

閣僚始め側近を引き連れて、政財官界お歴々の見送り・お出迎えにボーイスカウト観閲のおまけつき。ボーイスカウトってのがカワイイね(私がもし首相ならウムを言わさず自衛隊を呼びつけて閲兵するだろうけど。でなきゃ最初から閲兵なぞしたくないもん)。

そんな冗談はさておき・・・。

「おもちゃの兵隊」に夢中で遊んでいたらしい、どこかの国王を思い出しましたよ(その国、戦争で崩壊しちゃったけど)。もちろん、なにもボーイ・ガールスカウトの諸君を貶める意図はない。私自身は、寒空の下、”私人”安倍晋三の私的参拝を出迎えた彼らに同情を寄せる者の一人である。安倍さんが呼びつけたのか、側近が「気を回しすぎた」のかは知る由もないが(タウンミーティングその他の例からして後者のような気がするが・・・)。

しかし実際のところ、口先ばかり勇ましい匹夫は眼にするのも鬱陶しいばかり(だと思う)。

それとは対照的に、読んでいて心に染みいる貴人の発言もあった。

戦後に生まれた人々が年々多くなってくる今日、戦没者を追悼することは自分たちの生まれる前の世代の人々がいかなる世界、社会に生きてきたかを理解することになり、世界や日本の過去の歴史を顧みる一つの機会となることと思います。過去のような戦争の惨禍が二度と起こらないよう、戦争や戦没者のことが、戦争を直接知らない世代の人々に正しく伝えられていくことを心から願っています。

天皇陛下:誕生日会見詳報

陛下のこのお言葉を読むにつけ、(今の政治情勢で)もしほんとに憲法改正やるのなら是非次のように変更して欲しいと思ってしまったよ、私は。
「首相のすべての行為には、天皇の助言と承認を必要とし、天皇が、その責任を負ふ。」

追記)
明治神宮を参拝 森元首相以来(毎日新聞)

広告
Tagged with: , ,

おもちゃの兵隊とお伊勢参りに思う はコメントを受け付けていません。