求道blog

富山冤罪報道へのツッコミ

Posted in 警察・司法 by UBSGW on 2007年1月21日

富山で判明した冤罪事件とその報道について新聞記事の分析を交えながら二言三言。
「服役男性は無実、公判中の男逮捕」(読売新聞)
↑この記事の特徴:真犯人逮捕に重点が置かれて冤罪の方はかすんでいる。
その大要は

  • (無実だと分かった)
  • (真犯人を逮捕した)
  • (真犯人には余罪がある)
  • (男性に対する判決は確定していた)
  • (県警は家族にきちんと謝罪した)

記事に「きちんと」とは書かれていませんが、文脈からそう読ませる努力の跡がうかがえました。この記者は文学愛好家だろうか? 努力賞進呈。
これだけをとって読売新聞社は市民的権利の擁護よりも公権力行使の正当性を重んじる新聞社だと推測するのは穿ちすぎだ見方でしょうか(そんなの誰でも知ってるよと言われるかな?)。

さて、他の新聞社は如何。

県警によると、目撃証言をもとに作成した似顔絵などから、この男性が浮上。被害者に写真を見せ、遠目に男性を確認させたところ「似ている」と証言したため、任意で事情を聴いた。男性は任意の取り調べに当初は容疑を否認したが、3日目に容疑を認めたため、客観的な証拠がないまま逮捕

別の男が容疑認め逮捕」(朝日新聞)

「似てるだけで逮捕するなんてひどい!」などとは言ってもはじまらない。しかし、ふつうに事実関係を確認していれば今回のような事態にはならないと思うのですが。勘に引きずられたのか手抜き捜査か確信犯か・・・。プロフェッショナルの第六感をあたまから否定はしませんが、どこかに短絡もしくは不誠実さがあったことは否定すべくも無いでしょうね。

(富山県警が)「客観的証拠がない中の逮捕で無実だった」と発表した問題で、金沢市内に住む男性の兄が20日、朝日新聞の取材に、県警から逮捕当時「証拠がある」と言われていたことを明らかにした。また、県警は取り調べの時点で、アリバイ成立の可能性に気付きながらも「偽装だろう」と思い込み詳しく調べていなかったこともわかった。

県警は1贈日、男性宅からの電話の発信時刻と犯行時刻が近く犯行が物理的に不可能だとわかったことなどから、男性を無実と判断したと説明した。だが、実際には取り調べ中にアリバイが成立する可能性に気付きながらも「偽装だろう」と思い込み、裏付け捜査をしなかったという。

また県警が男性宅を家宅捜索した際、現場で見つかった靴跡と同じサイズの靴を見つけられなかったのに、「捨てたに違いない」と疑問を持たなかったこともわかった。

逮捕時「証拠ある」 富山の無実男性の兄に県警」(朝日新聞)

「証拠がある」とハッタリかましてその実、
「偽装だろう」「捨てたに違いない」と都合のよい推断。
そうなじられても反論することは難しかろう。
どこかで聞いたような話だね。
県警のこうした説明がもしも本当だとすると、私の感想はといえば
「正直だね(感心)」
(ただし、この説明が真実を述べているのかどうかという点については疑問を感じなくもないのだが)。

富山県警の今回の処置については「元検弁護士のつぶやき」で矢部先生が書いておられる次の言葉に私も同感です。

身内のしかも先輩の恥をさらすことになるのに、もみ消すことなくきちんと真犯人を検挙したという点は評価したいと思います。

私自身、昨年12月には捜査機関の廉直さに懐疑的な記事を書いていますが、少しばかり認識を改める必要があるのかもしれません・・・(とはいえ当分留保)

一方、地元富山での報道を見てみる。通常、地方新聞は地元で起きた出来事に関しては比較的”濃い”情報を入手・掲載しているが・・・如何。
3年服役男性 無実(朝日新聞MY TOWN 富山)
やはり全国版よりも詳細に書かれている。

富山新聞は過去記事が見当たらないのでやむなくあきらめる。ついでに未履修問題追及の先鋒を勤めた同じく富山北日本新聞社のサイトを覗いてみる。

捜査当局には猛省を促したい。富山地検は男性を無罪とするため、地裁高岡支部に再審請求する方針という

社説はいたってクールなおもむき。県警に対してはスパッ、あとはゴニョゴニョ。長勢甚遠現法務大臣のお膝元であることと結びつけて考える人もいるかもしれないね。常に冷や飯を食わされるのは(以下略)。

ただ、一言だけ記しておきたい。
各新聞社が誤認逮捕当時にどのような記事を掲載していたのか知らないが、実際のところ、こうした事態に立ち至った後にジャーナリストとして胸を張れるような記事ではなかったのではなかろうかと推測する(当時の記事を目にしていないので断言は出来ない)。

誤認逮捕と判明してからの記事には近親者の「おかしいとおもっていた」「彼がそんなことするはずないと思っていた」などのフレーズが掲載されているけれども、この事件に限らず過去あまたある逮捕記事の中に一言でもそうした疑念が掲載された例があるだろうか(もしあるならば犯罪報道の歴史を考究する際に「使える」データかもしれない)。もし今回の件で県警その他に猛省が必要だというのであれば、冒頭にあげたようなフレーズを逮捕当時に掲載しなかったあるいは出来なかった知らなかった無視したであろう報道機関もまた「猛省」が必要だろう。報道機関もまた「疑わしきは被疑者・被告人の不利益に」というスタンスで報道を常にしていることはいまさら私が言うまでもないことだ。

そう考えれば北日本新聞の歯切れの悪さは己のふがいなさを恥じているのかとちょっとだけ思ったが、よくよく読めば警察には「猛省を促す」と言っているくらいなので自身の至らなさには盲いているというのがほんとうのところだろう。

その意味でも、誤認逮捕そのものは当然責められるべきことであるにせよ、富山県警が敢えて自らの非を明らかにしたことは自らの職責に忠実な行いだと言えなくもなかろうし、また、誤認逮捕されたご本人にとって(露ほどにすぎないだろうが)救いと言えなくもないのかもしれない(既に刑期を終えられたとはいえ、世間のありさまに照らしてみるに真実が明らかになるのとそうでないのとでは全く雲泥の差があろうから)。他人のふんどしをロハで借りておきながらいざ自分が土俵を割ったところが「実はふんどしが悪かったのだ」なぞというような一部マス輩よりは、自らの失敗を公にして今後に期する者の方がよほど信頼できる。

(ちょっと長くなってしまいましたが、)富山に限らずとも今回のような不可解な出来事は頻繁に起こっている印象を持ちます。虚偽自白の強要、近親者への不当な圧力という形での間接的な自白強要なども過去にも事例がありましたし、その他様々な、(はばかりながらも)狡猾と言わざるを得ないような手法が存在しているのも事実のようです。

犯人検挙への熱意、職務対する崇高な使命感、それらは尊敬に値すると私は思う。ただ、自らの非を認めないのが役所一般の習性とはいうものの、せめて警察や司法関係者ぐらいは、と思っていたい、私は。もっとも、世人からそう望まれがちだからこそ、いざ失敗に直面したときに組織の対面を守ろうとする強い意志が生じるようにも見えるのだが。まるで・・・(沈黙)。

そもそも警察官・司法官の方々はそうした職業をめざすくらいなのだから、一人々々は常人以上に強い正義感を持っておられるのは間違いのないところだ(悪事を働くためにそうした職業に就く者はいまい?)。ただ、そのような正義感あふれる人たちの正義感あふれる行動(仕事)が、しばしば(総体としてはなぜか)不義となってしまう現象の不思議さについて強い興味を覚える(そうした現象はなにも警察に限ったことではないだろうが)。

また、この問題は第三者的視点から眺めている限りは、面白い問題だと言っていられが、もしも自分自身がその不義の犠牲になるかもしれないと考え出すと空恐ろしい気がし始める。
ともあれこの問題もしばらく考えてみたいと思っています。

本日のまとめ。
他人の粗ははっきり見える
自分の粗は・・・ア~ラ不思議いったいどこに消えちゃったの??

おそまつ。

追記)
上記朝日MY TOWN富山の記事をよくよく読んでみると、今回の件は鳥取県警が別件逮捕した真犯人が富山での犯行を自供したことから、(やむなく?)富山県警が再捜査したというのが実態のようです。真犯人が鳥取ではなく富山県警相手に真相を供述していたとしたら、はたして富山県警はどう対処しただろうか・・・。
なお、この記事(朝日)のキャッシュサイトへのリンクが切れていたので併せて修正しました(2007年1月31日記)

広告
Tagged with: ,

富山冤罪報道へのツッコミ はコメントを受け付けていません。