求道blog

ウィルソン『ユング』と「劇場特区」

Posted in 人間心理 by UBSGW on 2007年2月2日

読了。

作家コリン・ウィルソンによるユング論。
ユングの生涯を通覧しつつ、その思想や人間性を(どちらかといえば)批判的に考察している。著者によればユングは権威主義的性格であったあるいは女癖が悪くて奥さんを困らせた、自身のオカルティズム指向を学術的論述スタイルで隠蔽しようとした等々・・・けっこう辛辣(ついでに言えばフロイトに対してもかなり辛辣な評価を下している)。
とはいえ単なるユング批判というわけではない。ウィルソンはおそらく、ユングが目指そうとした場所に彼自身もまた(ユングとは別の理路・方法を用いて)たどりつこうと試みている。当然のことながらユングと関わるフロイト、ジャネ、アドラーらへもそれなりに目配りがなされている(ウィルソンの言い分には賛否両論だろうけれど)。

特にこの本で目立つところは、ウィルソンがユングのオカルト指向を度々批判している点なのだけれど、その趣旨はといえばオカルティズムそのものへの批判というのではなく、自らのオカルティズムに関する考察をことさらに「科学的」「学術的」に見せようとしたユングの姿勢に対する批判であった。言い換えてみれば、オカルト指向である一方でアカデミックな体裁に最後まで固執(学者としては当然のことだが)した”学者”ユングを、”作家”ウィルソンが責めているというものであった。

ラテン語で「隠されたもの」を意味するオカルト。たしか1980年代頃にちょっとしたブームがあったかに記憶している。UFOとかナスカの地上絵とか・・・。「ムー」とかいう雑誌が当時あったはずだが、今もまだあるのかな?
もっともこのオカルトという言葉、最近はとんと耳にすることが少ない気がするのだが、それでも言葉の本来の意味である「隠されたもの」への興味は相変わらず尽きることがないようだ。
かつては宗教や世界観などといった形而上的なものに向かっていたオカルト指向は、いまは個人や組織のもつプライバシー・秘密・隠しごとに向かって集中しているようにも思われる。おそらくその非科学性ゆえに相手にされることはなかったオカルティズムはいま、形を変えてわたしたちの日常生活のいたるところに(相変わらず)散在している。
恐らくウィルソンに言わせれば、現代の「オカルティストたち」もまたユングと同様に、自らの非科学性を一見すると科学的・合理的に見える衣で覆っているのだ。もっとも、自らの非合理性に(おそらく)気づいていない現代人に比べれてみれば、少なくともオカルティズムが「非科学的である」と認識していたユングはまさに自分の限界性に自覚的であったという意味で「賢者」なのだろう。

結論。やはりユングは歴史の教科書に名を残すだけのことをなしたのだ。
ウィルソンの見解もまた一興。ものの見方の多様性は常に尊重されて然るべきだろうしね。

ところで
厚生大臣閣下の「産む機械」発言が尾を引いてますね。当然といえば当然だろうが。これがもし政治家でなくただのおじさんの暴言ならなにごともなかったのでしょうけどね。
(もっとも、もし今回の発言が「男は給料稼ぐ機械」といったものだったらばこれほど責められただろうか。かなり疑問。)

不用意な大臣閣下はひとまずおくとして、もうひとつ今回の一件から感じることが一つ。たしかに「機械論的認識でケシカラン」というのもわからなくはないけれど(わからなくはないけれど)、そこに、ケシカラン発言を「機械論的」に責める”幅のなさ””機械的思考”をそこはかとなく感じる(こともある)昨今。

いっそ試しにどこかの自治体が「劇場特区」「フィクション特区」をつくったらどうだろうか。
そこでは差別用語言い放題、日頃言えないやれないアンナ事コンナ事すべてOK。まぁ暴力沙汰は後を引くので禁忌としてさ。けっこう人を呼べるのでは(財政破綻した夕張市あたりならば「まぁ大変な最中だから細かいことは言わんとこ。がんばってみな」くらいの鷹揚さで認められないだろうか?)。

すべての規範を忘れられる、そんな「劇場」、「フィクションを前提とした場」があれば、現実の社会もちょびっとだけ過ごしやすく・・・ならないもんだろか。夢想・・・。

[amazon asin=’4309461271′ type=’banner’]

広告

ウィルソン『ユング』と「劇場特区」 はコメントを受け付けていません。