求道blog

閣僚全員、起立!礼!!

Posted in 政治 by UBSGW on 2007年2月20日

あの「農業青年も厚生年金をほしがってる」発言の中川秀直自民党幹事長がふたたび。

ときの首相の支持率が上がろうと下がろうとわたしの知るところではない。政治家がよく言う「政治家は結果責任」ではないが、”結果としての”支持「率」などは必ずしも有権者が知っておく必要のあることとは私は思っていない(知っていて損はなかろうけれど)。

その数字は単に「有権者が政権をどう思っているか、支持しているかどうか」を推測するためだけの指標なのだから。数字がどうあれ、それで有権者のなにかが変わるわけではないし変わるべきではない(できればのはなし)と私は思っている。

・・・いや、ただ数字などおれの知ったことじゃねえよ、と。それだけ。

ただね、絶対的忠誠だのなんのという言葉を聞いちゃうとね、気持ち悪いのよ。幹事長先生に叱られてシュンとなって、安倍先生に形ばかりの「起立、礼!」。
べつにいいんだけどね・・・、それはそれで。

安倍晋三首相を迎え「おはようございます」と大きな声であいさつ

閣僚、会話やめ一斉に起立=20日午前の閣議で(yahoo news時事)

首相入室で機敏に起立 閣僚、中川発言に反論も(西日本新聞)
あ、そこの女性閣僚、そんな神殿に詣でているのでもあるまいに・・・。
まるでこれは人徳に欠けてて生徒に嫌われてる教師が、かたちばかりの礼儀を生徒に求めているような・・・。

「児童たちは安倍晋三先生を迎え『おはようございます』と元気な声であいさつ・・・」

どこかのローカル新聞のヒマネタ・学校記事そのままであることに吃驚するばかり。これがほんとうにどこかの小学校での出来事ならばほほえましいばかりだが、かりにも内閣ですぜ。「国家の品格」はいずこ??

諸外国の情報担当者は日本の主要紙には目を通しているはず・・・。元気な声でごあいさつ、なんて出来事が自称クオリティペーパー各紙に掲載される奇妙さにきっと驚いていることだろう。

こんなネタはスルーするのも一つの見識かもしれないと思わずにはいられない。これほどまでに幼児化した(政治家・マスコミ・そして国民からなる)日本の有り様を知らしめて大丈夫なのか?

なにはともあれ

馬鹿げた風景が、ようやくぬるみ始めた風に吹かれてぶ~らぶら。あたたかくも寒々とした、そしてよく見受けられる光景である。

春だなぁ。

広告
Tagged with: ,

コメント / トラックバック2件

Subscribe to comments with RSS.

  1. katsu said, on 2007年2月22日 at 15:06

    中川幹事長は、自分の存在感を示したかったのでしょう。この人は何年か前のスキャンダルで、当面入閣は望めませんから、自分より先にさっさと入閣した閣僚へのやっかみもあったのかもしれません。
    首相も、さすがにこの発言には、余計なお世話だと言いたいご様子のようでしたね。
    森、小泉に中川と、自称「後見人」ぞろいでは、お坊ちゃまも大変でしょう。

  2. UBSGW said, on 2007年2月24日 at 11:41

    「船頭多くして船、山に登る」は閣内だけの話ではなかったということでしょうね。自民船よ、どこへゆく・・・


コメントは停止中です。