求道blog

苦渋の書き付け

Posted in 社会 by UBSGW on 2007年3月6日

 従軍慰安婦問題に関して安倍首相に対する(=日本に対する)批判が高まっているらしい。安倍首相は、「広義の強制性はあったかもしれないが狭義の強制性はなかった(証拠はない)」という非常に政治家らしくない(官僚的な)言い回しでつまるところ強制連行ではなかったのだということを仰りたいのだろう。

 「おれのマンションの部屋に黙って付いてきたからOKなんだろうと思ったんだけど、なにか悪いことした??」という大学生が逮捕されたとき、安倍首相は彼をどこまでも弁護されるだろうか。それとも「問題は相手の気持ちだよ」として逮捕を是認されるだろうか。どちらなのか些か興味のあるところだ。

 安倍首相のこの発言がなぜ現在のように微妙な情勢の中で飛び出してきたのかという点もまた非常に興味のあるところだ。北朝鮮をめぐる6カ国協議でアメリカに「裏切ら」れ、おまけに「本国」アメリカ議会で慰安婦問題非難決議が上程された。言うまでもないが慰安婦・靖国問題に関しては、韓国・中国を筆頭に周辺アジア諸国が日本に注ぐ眼差しはアメリカ以上に厳しい。日本政府としてはニッチモサッチモいかないというところか(自業自得なのは先刻ご承知だろうが)。そのような情勢の中で敢えて”啖呵を切る”ような威勢の良さはないにしてもグジグジと「狭義では」「広義では」などと言っておられる。

 私のような素人には慰安婦問題に強制性があったか無かったかについてはいまのところ分からないとしか言えないし、アメリカの決議案上程にしても「まだどう転ぶかわかんないし様子見るしかないんじゃないの」としか思えない。外交当局としては打てる手は打っておくべきなのだろうが私に出来ることはなさそうだ。

 ともあれ広義だの狭義だのという言い方には美しさの欠片もないとは断言できるのかもしれない。それこそ政治家は先走って私見を述べるよりも歴史家たちによる実証的な研究を多面的に助成・支援する方策を整えるべきように思われてならない。首相自身、内閣総理大臣の私見が対外的にも「私見」で通るなどとはよもや認識されてはいまい。

 安倍首相は戦後レジームの打破には熱心のようだが、国民の権利を守る(尊重する)ことにはいっこうに興味がないように見えてしようがない。安倍首相をはじめ、私権の重視が戦後の宿痾だと言いつのっている方々が増えているようだが、富山・鹿児島と立て続けに明らかとなった事態を見れば、そのようなことが言っていられるとはとても思えないのだが。

 戦後の私権尊重というのはどこまでも雰囲気なのではなかったか。実体がなかったとは言わないが。私権尊重の雰囲気の中でなんとなく失われてしまった倫理観、どことなくおかしくなったように見える社会。しかし戦後日本が私権を本当に尊重していたのか、出来ていたのかは別の話だろう。確かに戦後民主主義はそれはそれとして再検討・総括の余地はあろう。しかし、いかな安倍首相でも現実に起こった人権侵害から目を背けることはなさるまいと信じている私は阿呆だろうか。

 規範意識の低下を嘆くのに忙しくて現に生じている人権侵害が軽んじられるようでは日本の再生は期待できまい。

 今朝、ある新聞が一面コラムでどこぞの神社の賽銭泥棒を口を極めて罵っていた。その心情は分からなくもない。かといって共感もしないが。
私権尊重が諸悪の根元だと言い募っても現実には尊重されない私権が存在している。窃盗は犯罪だと誰もが知っているのに後を絶たない。
大上段にコソ泥を非難するばかりで世の中がよくなるのなら世話はない。そんなことを自分用の雑記帳でもあるまいに何のひねりも芸もなく叩きつけた駄文を一面コラムに掲載する新聞社の良識を疑う(そんなものがもしあればの話だが)。窃盗が悪なのをいまさら教えて貰わねばならぬほどバカだと読者を侮っていませんかね(これは少し勘ぐりすぎだろうけど)。

 自説を語るのはそれはそれで結構なことだろう(私も今やっているから言うわけではないけれど)。しかし、自分たちが現に生活している社会の矛盾について安倍首相やコラムニスト氏はいったい何をお考えなのだろうか。なにが出来ると思っておられるのだろうか。嘆きケチをつけるだけで何かがかわるものではあるまい。

 さしあたり安倍首相は行政府の長として警察・検察の構造的問題を率先して改善し、コラムニスト氏は冤罪と判明した事件について逮捕以来マスコミがどのように誤報を垂れ流してきたか、そしてそうした過ちがなぜ生じたのか、マスメディアには持ち合わせのない「マナーやルール」について総括し記事にしてはいかがだろうか。とてもではないがあなたがたは嘆き激高していられるほど余裕のある状況ではないと思うのだがどうだろうか。

 などといいながらこんな記事をダラダラと書いている私は何者か。

 私だって余裕はないのである。
ただ、「お呼びでないよ」と言われるのを承知でこうして書かざるを得ない心境にあるためやむなく書き付けた次第。いっとくけどこちらは文字通りの日記、雑記帳。読むも読まぬもご随意である。
御免。

広告
Tagged with:

コメント / トラックバック3件

Subscribe to comments with RSS.

  1. katsu said, on 2007年3月7日 at 1:54

    こんにちは
    私も余裕はないのですが…
    TB送ります。
    それにしても、なんだろねーと思うことばかりであります。

  2. UBSGW said, on 2007年3月7日 at 12:43

    katsuさん、こんにちは
    まだこちらには未着ですがTB歓迎します。以前のエントリの一部は要承認ですが今は承認なしに反映するようにしています。

    株価下落に日興問題その他噴出。政権の起死回生にはスケープゴートが必要な時期かもしれません。さて、大事件は国内か、海外か・・・。
    杞憂に終わって欲しいと思っていますが如何に。

  3. 遠方からの手紙 said, on 2007年3月7日 at 15:24

    経済的強制と経済外的強制

     近代社会の特徴は、経済と政治が分離しているということだ。経済は、価値法則によって自律的に運動するのであり、だからこそいわゆる社会科学の中では経済学が最も早く成立したのだろう。 たとえば、前近代的な社会の一つである封建社会では、土地を領有する者が同時に…


コメントは停止中です。