求道blog

ウェルテル

Posted in 海外文学一般 by UBSGW on 2007年8月12日

このブログのどこかに書いた通り、文学なんつうのは軟弱ものの慰みものだという大きな勘違いからかつてこれを避けに避けていた私が、遅まきながら「いい湯だなぁ」。どっぷりとつかって鼻唄まじり。知らぬ間に茹であがってしまう前に湯から上がるべきか。
恥ずかしながらウェルテルを初めて読んだ。積ん読歴は・・・高校生の時分から書棚に眠っておりました、ハイ。

どうして君たちはそういきなりある事柄について愚かだの賢明だの、善いだの悪いだのいわずにはいられないんだろう。

高橋義孝訳『若きウェルテルの悩み』(新潮文庫)より

広告
Tagged with:

ウェルテル はコメントを受け付けていません。