求道blog

実りの秋に見た夢

Posted in 備忘録 by UBSGW on 2007年10月2日

このところ夢見が良い。
といってもべつに酒池肉林を転げ回って美女と戯れる類の夢というわけではない。それは、今の私が精魂を傾けるべき課題について、毎夜々々天啓が訪れるという楽しみなのだ。ウシシ。
え?アヤシイですか??

私は夢の中でもたいてい働いている。そのときどきの自分の生活の大半を占める「仕事」「作業」を夢の中でも繰り返す。以前からずっとそうなのだ(もしやこれは病的な傾向なのだろうか?)。

夢のなかでまで覚醒時と同じことを延々と繰り返すということはよほど私がそのことに集中しているということなのだろう。なにせ寝ているときも覚めているときも24時間ずっと働いているのであるから大したものだ(自画自賛)。いや、ひょっとすると覚醒しているときに実はあんまり集中出来ていないがためにその補償として夢中で働いているのかもしれないが、いずれにしてもちゃんと「やるべきこと」が分かっているということは言えそうなので祝着々々。

しかし、今朝がた見た夢の中で私が「これはなんとしても書き留めておかねば」と念じた「或ること」が目覚めと同時に雲散霧消。トホホ。まあ、ありふれたできごとではある。なんだかモッタイをつけるような言い草だが、そもそも覚えていないので「或ること」としか書きようがないのですよ(エッヘンごほごほ)。

実りの秋、収穫の秋。
今日も快晴。

広告

実りの秋に見た夢 はコメントを受け付けていません。