求道blog

樹海通信〜ひとことだけのはずが

Posted in 雑記 by UBSGW on 2007年10月16日

カフカ樹海も短篇エリアに入ってみるとけっこう見通しがきくなあ。ジャングルのような長篇エリアとはちと趣きが異なる。そこでちょっとばかり交信を試みることにした。

昨日ふとテレビに目をむけたらちょうど国会中継があっていた(いや、ま、たぶん樹海でも見ることができる衛星放送なんだろ、ハハ)。オタク防衛相が給油法案とやらで答弁に立っていた。しかめっ面の学級委員みたいな顔で「集団的自衛権の行使ってんならそれを証明していただきたい」とかなんとか言っていた。ムチャ言うよ。矛盾の塊みたいな安全保障政策(含む憲法)を作り上げたのは自民党なんだし、そんな矛盾だらけの政策に対する批判はこれまた論理的整合性なんかあるわけないんじゃないの。口先ばかりの論戦。しかしこれはなにも自民党に限った話でもなさそうだ。近年の国会論戦は見ていて面白くないもの。

べつに私も国会論議に面白み・エンターテイメントを求めるつもりはさらさらないが、一昔前の国会論戦は端から見ていてもけっこう楽しめるものがあった。老キツネと老タヌキとがトボけつつ韜晦しつつ化かし合っている様子は見ていて飽きることがなかった(ま、飽きるほど長くは見なかったんだが)。「歳費をもらっていながらのったりのったり何やってんだ!」と思わないでもなかったような気もするが、少なくとも当時の国会論戦は、楽しもうと思ってみれば楽しめた気がする。

今はどうか。
つまらない。
小学校の「帰りの会」で、もっともらしい(ラ・シ・イ)ことをくっちゃべって得々としている三角眼ぇした学級委員みたいなやつらばっかし。
「はんせーしてくださぁ〜い」
「しょうめいしてくださぁ〜い」
ひょっとすると「でべーと」(ああごめん「でぃべーと」ねハイハイハイハイすいませんね)とやらはああして憎々しげなツラをつくって嫌味たっぷりな口調でやるものなのだろう。「あぁーあ、おめーはな〜んも分かってねーんだな〜あオイ」と言いたげな品のない顔顔顔顔・・・。たぶん、そのようなやりとりと顔を長時間見たいなんて人はあまりいないのではなかろうか。私は見たくない。胸糞わりいもんでね。

いや、もちろん私とてまじめな議論を尽くしていただきたいものだとは思っている。
しかし、ね。それぞれ相異なるスタート地点に立った人たちが、議論を通じてそのどちらでもない新たな知見・政策・妥協点を見出していくという形での国会論戦というものは今のような党内独裁体制ではもう不可能になってしまったのであろうか。仮にそうだとすれば、単に相手をうちたおすばかりの「でべーと」や自説を押し通そうとするばかりの国会「論戦」がおもしろみのないものになっているのは蓋し当然か?

論戦でいまふと思い出した。
昨今の国会風景はかつて軍部が専横を極めた時期のそれと似ている(ような気がする)。いや、戦後生まれの私は戦前の国会風景をつぶさに知る者ではない。ちらりチラと映像を見たばかりにすぎない。もし、「おまえの言うことが正当だってんなら証明してみせよ!」というお方がおられるなら、ためしに一度ご自分でご覧になってみてくださいね。 「ハナシはそれからだ!!」ちょいと話が逸れかけた。で、まあ鹿爪らしい顔で大上段の構えから語りつつ、不都合な真実については「軍機であるから答えられぬ」でおしまい、そんなカンジ。いまならさしずめ「テロリスト!」。これ魔法の呪文ナリ。ナントカ防衛相の顔を見ていたら彼にはどうも軍服がお似合いである。あ、そういえば彼は元自衛隊制服組か。さもあらん。

当時は当時でそれなりに不満もあったような気がするが、なんだか懐かしく思えてきたタヌキ親父ども。ま、論戦の中味はいまもむかしも五十歩百歩なのだろうが、どうせ中味がおんなじならちったあ楽しめるほうが愚民の一人としてはアリガタイ。
「物事はもっと真剣に考えるべきである!」ですか?
そうです。そのとおりです。おっしゃるとおり。
でもつまらないものはつまらない。私はべつに国会で猿回しをやれともいわないし一発芸を披露してほしいとも言わないよ、わたしは。ただ、自ずと滲みでてくるユーモア・余裕なんてのが滅法好きってだけのことなんでね。例えて言えば、そうね、「冬のソナタ」のキム次長みたいな、ね。別になくとも困りはしない、無駄な、でも人間味という「味わい」を持っている人が少なくなった。たしかに「無駄はよくない」、そのとおり。しかし、「なにが無駄なのか」というところで私たちは極めて粗雑な思考をしてはいないか。もしやそうしたことを考えることが既に無駄なことだとでもいうのだろうか?

生存確認のために一言だけ、と思って書き始めたら結構長くなった。当初の案では、「福田康夫サブマリン内閣」のバサロ泳法は鈴木大地(鈴木宗男@新党大地ではないよ)の指導のたまものであるというところに落としこむはずだったのだが、なぜかキム次長になった。おそまつ。
昨日冬ソナ最終話を見たせいか・・・。これ、日本語吹替版はもうそれだけで改竄にあたるという確信を深めた。これもまた近いうちに書きます・・・書くはず、書くかも。
イジョウ、コウシンオワリ。

広告
Tagged with: , ,

樹海通信〜ひとことだけのはずが はコメントを受け付けていません。