求道blog

私的linux事始メ 終話

Posted in 雑記 by UBSGW on 2007年10月23日

私的linux事始メ 其ノ壱
私的linux事始メ 其ノ弐
のつづき。

ノートPC上でどちらも軽快に動作したvineとdebianのうちのどちらかを選ぶに際してポイントとなったのは無線LAN接続。有り体に言えば、(私の場合に限っては)vineでは無線LAN接続に成功したがdebianでは成功しなかった、ということ。それでしばらくはvineを使っていた.
しかし有線LANのデスクトップPCにどのディストリビューションを入れるかとなると話は変わる。軽快さと同時に扱いやすさ(既存環境からの移行の容易さ)とwindows環境との親和性(PC単体およびネットワーク接続)、これが私の判断基準だ。そんなこんなでいざデスクトップPCで試してみるディストリビューションにはUbuntuを選んだ。Ubuntuはdebian系。試してみるといかにもdebian系らしくとても軽快に動く。そしてwindows環境にもすんなりと応じていく。言ってみればvineの軽快さとsuseの親windows性を兼ね備えたディストリビューションというわけで、しばらくはデスクトップPCにてサブOS(メインはもちろんwindows)として働いていた。しばらく使っていくうちにその軽快さがたまらなくなった。しかし問題もあった。その多くは日本語入力に関するもの。webブラウザopera上で日本語入力ができなくなったりwindowsで作成したファイルをCDやDVDから読み込んだときにファイル名が文字化けする等々.その一つ一つをネットで調べるなどして解決していかねばならなかった.しかしそうした手間をかけてでも使いたくなる魅力がUbuntuにはあった。とはいえwindowsに慣れた身からすればそうしたいくつものトラブル(というよりlinuxの使い方を知らないために生じる壁)はやっかいではある。なにせたいていのことはアイコンクリックひとつでやってのける「windows体制」にどっぷり浸かっていたわけだから。

そしてどうやらUbuntuはlinuxの自由度の高さとwindowsの使いやすさ(GUI)を両立させる方向で開発が進んでいる.7.04から7.10になってその方向性が改めて明確になった.

このあとUbuntuとwindowsを比較しつつUbuntuの利点を述べたてるつもりだったが、どうも勢いがなくなってしまったのでひとまずここいらで。ついでながらノートPCの無線接続は無事成功!

少なくとももう私はwindowsを必要としない.遠からずUbuntuは現在のwindowsと比べてもまったく遜色ない使いやすさを実現するだろう.それはそう遠いことではないようだ.なにせ今ですらもう一手間かけることさえ厭わなければwindows以上の環境が手に入るのだ.linuxディストリビューションの多くが無料で配布されていることを理由にこれを勧めたりなどしない。windowsと同等かそれ以上のポテンシャルを持つOSであればこそ、これが多くの場合無料であることに驚いているだけだ。多くの人々が知恵と時間と金銭を自発的に出し合い、共有し合うことの成果がここにある。誰からも(陰に陽に)強制されたわけではない個々人の贈与・互酬関係は、あらゆることが金銭に結びつけられ金額に換算される当世においては貴重なユートピアとも思えてしまう昨今.

「対価を支払うのは当然だろ」
そうだろうとも。しかしその対価は必ずしも金銭である必要はないのじゃなかろうか、てのが私の実感なのだよね。

無理強いされるのは嫌いなのだよ.もしそれが自身の利益にかなうとしても嫌いなものはどこまでいってもやっぱり嫌いなのであった.そんな俺にもし何かを無理強いするってんのなら当然それなりの「対価」は払ってうよ.当然だろ!? 私は、「対価を払え」という要求に応えつつもときには「その要求に応える対価」を要求する者なのだ。

ひとに何かを要求する時は、自分自身がその返り血を浴び自分自身がその身を切られかねないという覚悟を持ってなけりゃあアホと言われても仕方がない.多かれ少なかれ皆アホなわけだが、アホはアホらしく節度を保つということがなくなっている。アホがアホのくせに他人に「あーせいこーせい」ってのはもっとも醜悪でもっとも害のあるものだ.これ以上醜くなりたくないからこそ俺も「アホらしく」してんだぜ。などと書くと「そうか、こいつアホか」と額面どおり受け取るアホもいそうだ。
そうじゃないだろ。たまには自分自身に向かって悪たれつけよ。悪たれを外にだけ向ける奴こそが文字通りの「アホ」だってことにいったいいつ気づくんだ?

しまった、また文末数行にかけて暴走しちまったよ。どうもいかん。いまから太陽光を浴びてくるとしよう.

広告
Tagged with: ,

私的linux事始メ 終話 はコメントを受け付けていません。