求道blog

窓の向こうは雨

Posted in 雑記 by UBSGW on 2008年4月10日

最近ようやく生活に落ち着きを取り戻しつつある。とはいっても相変わらず東奔西走の毎日。貧乏暇なし。A rolling stone has no moss.

ブログの更新も常に念頭にはあるものの、ボンヤリする時間が無いとなかなか書けない。今日は最近読んだ本についてメモ程度に書く。何冊か読んだけれど、どれもいま正確なタイトルを思い出せない。阿川弘之のエッセイだとかデビッド・ロックフェラーの自伝とか。

阿川弘之の(たぶん最新の)エッセイ集はどうやら語りおろしというやつ。最近、この手の本が多い気がする。確かにスラスラ読める。が、敢えて旧仮名でカッチリした文章を書きつづけたこの作家の本としてはいささか物足りない思いがしたのも事実だ。いや、それはそれで良い。「やはり書ける人には書いてほしい」という、読者の「贅沢病」であるにすぎないのだから。

ロックフェラーの自伝は読みかけ。いかにも財界人の伝記という風情が充満している気がするが、それなりに面白い。これについてはまたいずれ。

ここ数日、街のそこらここらで満開の桜を目にした。そしてそろそろ桜の花びらが、名残惜しげに散りはじめている。今朝の雨が送別の雨となる、か。

広告
Tagged with:

窓の向こうは雨 はコメントを受け付けていません。