求道blog

鏡の中の鏡の中の鏡

Posted in 雑記 by UBSGW on 2008年5月5日

黄金週間ということで、いくらか暇が出来たので溜まりに溜まったあれこれを「ショリショリショリ」と片付けている。が、まだ終わらぬ。

昨日だか一昨日の夜にボンヤリとテレビを眺めていたら、奇妙な報道番組が放映されていたので興味深く拝見。その番組の中で、「国民は怒っているのだぁ!!」らしきテーマ(?)が取り上げられていた。いや、取り上げられていたというよりは「作られていた」というほうが正確かもしれない。

トラックに呼び込んだ一般人に、政治への怒りを表現してもらう(怒ってもらう)という趣向のようであったが、私としてはそのようなものをテレビで見たところで面白くも可笑しくも腹立たしくもなかったわけであり、ただ、「いったいこの番組の制作者は視聴者に何を伝えんとしているのであるか・・・」ということにひたすら頭を悩ませることになったのである。
利権を手放さない与党・官僚及びそれへ「怒り」を向ける野党、そしてそうした政治へこれまた「怒り」を向ける「国民」、そうした国民をテレビに映し出すマスメディア、そうして私は、国民の怒りとやらを「報道」することで何かを作った気になっているマスメディア(番組制作者)に対して若干怒りの感情を含んだ憐憫を感じざるを得なかったのでありました。まあよくも「報道番組」などと自称できたもので、「おれたちゃ怒ってるんだぞお」ということ(だけ)を伝えることが一体どの程度「報道」と言うに値するのか、私にはちょっと分からない。「ブロードキャスター」 ((その後しばらくしてこの番組は無くなった)) 。
報道番組を自称するバラエティ番組なぞ今さら珍しくは無いのは承知の上だが、「ついにここまで来たか」といささか驚いた黄金週間の一夜であった。「テレビの時代」は終わっちゃってたのね。やっぱり。

(追記)
このタイトルは分かりにくかったですね。

悪の表現自体は悪ではない。善や聖の表現自体が善や聖でないのと同じである。(M・エンデ)

という言葉が念頭にあったのでした。それに関連する過去記事は「エンデ全集8 鏡の中の鏡」(2008年5月6日)

広告

コメント / トラックバック5件

Subscribe to comments with RSS.

  1. MWW said, on 2008年5月6日 at 4:46

    そう、これからはインターネットの時代です。

    再度すみませんが、メールは来ておりません。こちら送ったメールもそちらに届いていないのではないでしょうか。

    今日、出先で出先のコンピュータとそこのプロヴァイダーで試しました。このブログだけを開く限りアラームはなりませんが、そこから求道士様に再度メールしようとしたときに、Protected Mode になり、作業中断を勧めるアラームが出ました。

    Waterman

  2. Mark Waterman said, on 2008年5月16日 at 7:22

    たちまちアメリカに帰る日となってしまいましたが、こちら東京でホテルからつなぐと警告音はなりません。不思議。

    MWW

  3. UBSGW said, on 2008年5月17日 at 7:58

    黄金週間があけてからというもの、席を温める暇もなく東奔西走の毎日です。

    5/14付の「Comments by Dr Marks」にある撮られたのは夕刻でしょうか・・。夕闇迫る浅草寺(もしや朝方?)。
    この写真で見る限り、東京の方はあまり良いお天気ではなさそうでしたが、滞在期間中は快適にお過ごしでしたか?

    そういえば、小生の棲む南の大島(大きな島)では、好天の日にはそろそろ夏の気配が感じられるようになってきました。

    道中お気をつけてお帰り下さい。

  4. Mark Waterman said, on 2008年5月18日 at 16:32

    「夕闇迫る浅草寺」です。翌日も午前中は雨、とほほ…。次の日と帰国の日には天気になりました。

    ニューズ。気象大学校のある先生から田村哲のことでメールがありました。帰国の日に電話でも簡単な会話をしたのですが、岡田武松との関連で調べているとのことでした。求道士様のこのブログ『求道blog』がヒットして私を探したようです。感謝です。

    更にニューズ(でもないか、私のコンピュータのことだから)。昨日帰国してこのブログに入ったのですが、(一度日本のドコモを経験したからか)今度は警告音がなりません。不思議。

    MWW

  5. UBSGW said, on 2008年5月23日 at 3:17

    Comments by Dr Marks(の小説)に岡田武松(をモデルとした人物)が登場していましたですね。田村や岡田については私も素人ながら興味津々です。
    田村や岡田が生きた「あの頃」と「今」とでいったい何が変わったのか、何が変わっていないのか、そんなところに興味津々でもある今日この頃です。
    アメリカを抜きにしては語れない「日本の今」を知るためにも亜米利加という国を一度この眼で見てみたいなんんてこともしばしば考えるのですが、なかなか実現しませんです。いずれ必ず・・・。


現在コメントは受け付けていません。