求道blog

馬鹿正直から正直馬鹿へ

Posted in 社会 by UBSGW on 2008年8月31日

今月6度目の更新であります。来月はいま少し・・・。

サーバーの引っ越し作業はまるで進捗していない。表札(アドレス)だけ変わったものの、相変わらずseesaaブログにお世話になっております。お知らせには「当面旧アドレスでもアクセスできます」と書いておいたが、なんとなくズルズルとこのまま居残ってしまいそうな気がしております。なにせseesaaは使い勝手が良いもので。
他の無料ブログサービスも試しにいくらか触ったことはあるものの、どうもしっくりこなかった。一時期鬱陶しかったコメントスパムも、投稿時にアルファベット入力する認証をかけてからというものパタリと止んだ。なんといっても「ゴミ」の相手をしなければならないことほど無駄なことはない。
ゴミはゴミ箱へ。

矢部弁護士のブログを読んでいたら、朝日新聞の記事から次のような箇所が引用されていた。

小学4年の担任という女性(40)は「『正直な人になろうね』と言っても、『正直なら損をしてもいいの?』と聞き返される時代。(Asahi.com, 2008年8月30日)

ありそうなことだ。ところで私には、彼女にとって「損をする」とはどういうことなのか、少し気になった。
気になっただけ。

金を損する(或いは儲けそこなう)くらいのことなら何と言うことはないけどさ。いまどきそれどころじゃないだろうな。「馬鹿正直」という言葉にはどこか可愛げもあるが、「正直馬鹿」には侮蔑的な臭いがする。俺だけか?
逆は常に真ならず。

そう遠くないうちに学校で「正しい嘘のつき方」でも教えるようになるのだろうかね。
正しい嘘ってな、ヘンだな・・・。ヘンだろ。

広告
Tagged with:

馬鹿正直から正直馬鹿へ はコメントを受け付けていません。