求道blog

ユング『現在と未来』より

Posted in 人間心理 by UBSGW on 2008年9月25日

先日のエントリでふれたユングの『現在と未来』についてはいずれ改めて書くつもりだが、それに先だって概要を記しておく。私の手元にあるものは松代洋一編訳の『現在と未来』(平凡社ライブラリー、1996)。この訳書の巻頭には、1979年に刊行された『ユングの文明論』(思索社)の改題・改訂版であると記されている。
[amazon asin=’4582761712′ type=’banner’]

この本のどこがそんなに面白いのか」を書きたいのだが、それがなかなか書けないので、ここに編訳者のあとがき等を除いた目次の概要だけ記すことにし、当面は読者のご想像にお任せしたい。

  • 現代史に寄せて(Aufsaetze zur Zeitgeschichte)
    • はじめに
    • ヴォータン
    • 破局のあとで
    • おわりに
  • 影との戦い(The Fight with the Shadow)
  • インドの夢見る世界(The dreamlike world of India)
  • インドに教わること(What India can teach us)
  • ヨーガと西洋(Yoga und Westen)
  • 現在と未来(Gegenwart und Zukunft)
    • 現代社会における個人の危機
    • 集団化の補償としての宗教
    • 宗教問題に対する西欧の態度
    • 個人の自己理解
    • 世界観と心理学のものの見方
    • 自己認識
    • 自己認識の意味

どうですか。面白そうデアリマショウ??
折り目・傍線だらけの本の中からパッと開いた箇所を抜粋してみる。

人間は満足を知らない動物である。たとえすべての労働者が自動車を持ったとしても、やはり生活を切りつめたプロレタリアでしかないのは、まわりを見廻せば自動車を二台持ち、浴室をもう一つ持っている人がいるからだ。

『現在と未来』213ページ(「宗教問題に対する西欧の態度」)

教会は伝統的で集団的な信仰を代表しているわけだが、それも信者の大多数にあっては、自分自身の内面的な体験に支えられたものではなく、単なる無反省な信念であるにすぎない。反省しはじめたとたんに、いともあっさり信念をなくしてしまうのはよくあるとおりである。

同 215ページ
初出・原題なども併せて記しておけば他の方にも便利だろうと思いはするのですが、今日は時間がとれないので後ほど追記しておくつもり。

広告
Tagged with: ,

コメント / トラックバック2件

Subscribe to comments with RSS.

  1. Mark W. Waterman said, on 2008年9月26日 at 14:29

    確かに面白そうです。今度探してみます。また、引用くださったものも、なるほどと思います。

    アメリカの普通の家だから、実は車も浴室も二つあるのですが、正直、足りないと思っています。

    反省って、結局、信念なくすことそのものですよね。反省して信念なくすというより、信念なくしたから反省しましたってことで。

    ありがとうございました。MWW

  2. UBSGW said, on 2008年10月2日 at 23:30

    このところ、席を温める間もないような忙しさにかまけて、いまさらな応答なのですが、書いておくことにします。

    私は上記のユングがいう「教会」という言葉を(勝手に)一般化して読みました。

    ユングもおそらくは「反省すること」に否定的な意味を持たせてはいないでしょう。むしろ「無反省さ」こそが(教会や信仰や流行etcにかかわらず)反省されるべきであると言っているように私は感じます。

    私は「反省」というものを積極的な意味で理解し、また実践しているつもりです。そしてまた「教会」「宗教」「信仰」といったものには、「敬意」というのか、あるいは「必要なもの」というのか、はたまた「無くてはならぬもの」とでもいうのか、そのような思いを持っております。

    (勝手ながら)おそらくドクトルとも見解が一致すると思っているのですが、「反省無き信念」こそが人にとって極めてやっかいなものなのではないかと、思っています。原理主義?
    一言で言えば、私は「反省」に大きな意義を認めます。そしてそれはむしろ、人の「信念」を強化することが出来るものであると思います。


現在コメントは受け付けていません。