求道blog

老子道徳経より(一)

Posted in 故事成語 by UBSGW on 2008年12月3日

道可道 非常道
名可名 非常名
無名天地之始 有名万物之母
故常無欲以観其妙 常有欲以観其徼
此両者同出而異名
同謂之玄
玄之又玄 衆妙之門


道の道とすべきは、常の道に非ず。
名の名とすべきは、常の名に非ず。
無は天地の始に名づけ、有は万物の母に名づく。
故に、無は常に以て其の妙を観(しめ)さんと欲し、有は常に以て其の徼(きょう)を観さんと欲す。
此の両者は同じ出にして而も名を異にす。
同じく之を玄と謂う。
玄のまた玄は衆妙の門なり。

私家版老子道徳経目次

広告
Tagged with: ,

老子道徳経より(一) はコメントを受け付けていません。