求道blog

老子道徳経より(三)

Posted in 故事成語 by UBSGW on 2008年12月5日

不尚賢使民不争
不貴難得之貨使民不為盗
不見可欲使民心不乱
是以聖人之治
虚其心実其腹
弱其志強其骨
常使民無知無欲使夫知者不敢為也
為無為則無不治


賢を尚ばざれば民をして争わざらしむ。
得難き貨を貴ばざれば民をして盗を為さざらしむ。
欲すべきを見せずば民をして心乱れざらしむ。
是を以て聖人の治とす。
其の心を虚しうして其の腹を実らす。
其の志を弱くして其の骨を強くす。
民をして常に無知無欲ならしめば夫れ知者をして敢て為さざらしむ也。
無為を為さば則ち治まらざる無し。

私家版老子道徳経目次

広告
Tagged with: ,

老子道徳経より(三) はコメントを受け付けていません。