求道blog

(一言)泥舟とニッポン

Posted in 社会 by UBSGW on 2008年12月22日

「景気優先!」という口実で借金(国債)を積み増し、積立金を取り崩し、最後の賭博。戦を経ぬ「敗戦」と、新たな「戦後」がやってくるのであろう。
「きっと神風が吹く!」「景気は回復する!」「お宝が絶対出てくる!」と、もはやどうにもならぬところまで行ってなおかつ「あいつのせいで・・・クソっ!」と責任転嫁。
これが日本の”常道”。
小泉は確かに自民党をぶっ壊した。そしてぶっ壊れたのは自民党だけではなかった。もっとも、小泉の言葉や力だけでそれが壊れるはずもない。小泉の背後には大勢の人間が控えていた。陰謀論とは無縁の大衆が控えていた。
右へ左へ迷走する現代日本。現下の現象だけ見れば事態は既に末期的とすら言える。ここからさき必要になるのは、モノでもカネでもない何かだと思われるが、それが何なのか書くことは叶わない。
お経ばかり書いてると窮屈になるので一言書いてみた。

広告
Tagged with:

(一言)泥舟とニッポン はコメントを受け付けていません。