求道blog

老子道徳経より(三十七)

Posted in 故事成語 by UBSGW on 2009年2月28日

三十七

道常無為而無不為
候王若能守之万物将自化
化而欲作吾将鎮之以無名之樸
無名之樸夫亦将無欲
不欲以静天下将自定


道は常に無為にして而も為さざる無し
候王若し能く之を守らば万物将に自ずから化さむとす
化して而も作さむと欲すれば吾将に之を鎮むるに無名の樸を以てせん
夫れ無名の樸は亦将に欲すること無からむとす
欲せずして以て静かなれば天下将に自ずから定まらむとす

私家版老子道徳経目次

「素の木」の意。素樸(素朴)に通ず
広告
Tagged with: ,

老子道徳経より(三十七) はコメントを受け付けていません。