求道blog

蛙とアダム

Posted in 備忘録 by UBSGW on 2009年7月9日

湿気の多いこの時期、例年通りの低空飛行中ではありますが、それなりに元氣にやっております。が、頭は(いつも以上に)サッパリ働きません。ので読んでメモメモ。

この新しいアダムには、自分の完全性に対する疑問すら湧かない。彼の自信はアダムの場合のように楽園的である。彼の魂の生来の自己閉塞性が、自己の不完全さを発見するための前提条件であるはずの自分を他人と比較することを妨げているのである。

オルテガ著神吉敬三訳『大衆の反逆』ちくま学芸文庫

広告
Tagged with:

蛙とアダム はコメントを受け付けていません。