求道blog

本は欲しいときに買え

Posted in 雑記 by UBSGW on 2009年7月19日

欲しい本は山ほど有るが財布の都合もあるのでそうそう買えるものでもなく、ときには買い時を逃して絶版となってしまって涙を飲むこともしばしばある。その中の一冊が宋代の文人米芾を主人公とした佐々木泉作のマンガ『墨戯王べいふつ(米芾)』。数年前にビッグコミックオリジナルに連載されていたのを時々読んでいて、どうやら実在の人物に基づいた作品であるらしいことは感じつつ、丁寧な絵柄・時代考証と読み応えのあるストーリーが私好みだなぁと気に入っていたものの、コミック化されたことに気づかないまま日が過ぎ、先日ふと思い立って調べてみたら既に絶版となってしまっていた。スカスカの絵・ストーリーのマンガでも売れている物は売れているのに、大人が真剣に読める漫画はなかなか店頭にも並ばず、ネット販売でもあっという間に絶版になってしまう。今回は仕方がないので同じ著者の数少ない別の作品をネットで注文した(これがまた取り寄せ扱いでばかに日数がかかる)。べいふつ、復刊してくれねえかな〜。ワイド版米芾若しくは佐々木泉作品集が出るなら1冊につき上限3000円まで出します(但し『米芾』は全話収録のこと)。>小学館
漫画に限らず、欲しい本・ピンときた本はそのときその場で買い込んでおくことが肝要なり。などと今更私が言うほどのことでもないが、改めてそう思ったのでここに書いておく。なお、売れ行きが良くて当分入手困難になりそうもない本はのんびり構え、あわよくば文庫化された後に買えば場所もお金も浮くので言うことなし。
[amazon asin=’4091873219′ type=’banner’]

広告
Tagged with: , ,

本は欲しいときに買え はコメントを受け付けていません。