求道blog

お盆明けのつぶやき

Posted in 雑記 by UBSGW on 2009年8月16日

最近のこのブログは独り言というかつぶやきめいたことばかり書いていて、読み手のことがまるで眼中にないのではないかと思われている方もおられるかと思います。恥ずかしながら、仰るとおり、その通り、と今は言うしかありません。そして今日もつぶやきです。

昨日テレビでやっていたクリント・イーストウッドの「硫黄島からの手紙」を見てみた。どう過大にみつもってもせいぜい小隊長か中隊長にしか見えない尻軽な(フットワークの軽い)栗林「中将」ではあったけれど、師団長(正確には兵団長か)を師団長らしく見せることの出来る映画を作るのはきっと困難なのだろうなと思いながら最後まで見たことだった。

先日『田中清玄自伝』を読んでいて、そのなかにあったフリードリヒ・ハイエクとの親交に関するエピソードがとても興味深かったので一冊手に取ってみた。池田信夫『ハイエク〜知識社会の自由主義』(PHP新書)。ハイエクについて調べるにはちょうどよい手がかりとなりそうだ。
それにしても田中清玄に関する日本語版wikipediaの記述には、やれ「右翼」、これ「黒幕」、あれ「フィクサー」、といったおどろおどろしい文句が並んでいて、そのような人物とノーベル賞を受賞した高名な経済学者との結びつきは不思議といえば不思議だが、wikipedia(日本語版)の田中に関する記述自体がきわめて偏頗なものだと考えればべつだん不思議なことではない(でしょ?)。
田中清玄とハイエク、また調べることが増えた。
宿題が増えるばかりでほんと日暮れて道遠し、そればかり。

広告
Tagged with: ,

お盆明けのつぶやき はコメントを受け付けていません。