求道blog

気がついたら英国病

Posted in 雑記, 政治 by UBSGW on 2009年8月26日

英国病と言ってもマーガレット・サッチャーが克服したと言われるアレのことではありません。選挙を目前に控えた今の日本でなら、そっちの英国病のほうが面白い話題ではありましょうが、政治にも経済にも疎い私がそのようなことを書かずとも興味深い読み物はたくさんあるでせうから。今から書くことは私の個人的一時的英国病にすぎません。あしからず。

というような導入にするとなんだかちょっと気合いを入れて書かなければならないような気がしてきた。
ナムナム・・・・
・・・・「ハイッ!」。
えぇ、肩の力が抜けました。だいじょうぶです。

えー、数週間前にハックスリーの『すばらしき新世界』を手に取ってからというものふと気がつくとなぜか英国人の書いた本や英国に縁のあるページばかり読んでいる自分がいる。特にジョージ・オーウェルとハイエク。オーウェルの代表作『1984』はもちろん読んだし、ネット上には彼の書いた評論その他が結構見つかるのでそれも読みつつある。ハイエクも同様。オーウェルを読むにしろハイエクを読むにしろ、いずれにしても私自身の興味の的は”個人と社会との関わり方”の部分にある。というよりもむしろ「あ、面白そうだ」と思うものはたいていそのあたりのことをテーマにしたものが多いと言った方がよさそうだ。ここ数日読んだもののなかでは、オーウェルが書評としてジャック・ロンドンやアーネスト・ブラーマ(ブラマー)と絡めて資本主義と社会主義との共通項(共通する危険性)について語った「ファシズムに関する予言」 ((George Orwell, ‘Prophecies of Fascism’, 1940)) (注:我訳です)は、彼がそれを公表したのが1940年という事実を考え合わせるとまさに予言だなと思わせれ、また、ハイエクが「法の支配の衰退」(注:これも我訳です)のなかで引用したアリストテレス『政治学』の一節、「全精力を選挙での得票に注ぎ込むようなあらゆる権力体制は(中略)厳密に言えば民主制とは言い難い」 ((;he even contends that “any such establishment which centers all power in the votes of the people can not, properly speaking, be called a democracy, for their decrees can not be general in their extent.” (Friedrich A. Hayek, ‘Decline of the Rule of Law’,http://mises.org/daily/3610) )) という一節には「だよね」とうなずく。
ああ、頭がかしこまってきたなぁと思って、さて布団に入って「さぁて」と手に取った本はこれまたシェイクスピアの「夏の夜の夢」だったりする今日この頃でありました。
わるくない。

広告

気がついたら英国病 はコメントを受け付けていません。