求道blog

公務員ではなくリーダーとして

Posted in 政治 by UBSGW on 2010年1月17日

政治資金問題を巡って改めて検察との対決姿勢を示した小沢幹事長に対して「信じています。どうぞ戦ってください」と述べたらしい鳩山首相、その後、野党その他の批判を受けて当の発言を若干修正した由。私はむしろ彼が首相になって以来初めて「リーダー」らしい姿を見せたと思った。たしかに行政府の長であるという観点からは批判の余地があるとしても、一党首として「信じる。戦いたいなら戦え」と述べること自体はリーダーとして当然の言と言うべきだろう。おそらく、もし彼が行政の長としての立場に重きを置いた発言をしていたなら、マスコミはかねてより言われていた二重権力構造に絡めて首相と幹事長との「仲間割れ〜」とでも書き列ねたはずだ。そもそも検察という組織がそれほどには(建前ほどには)首相すなわち行政府の長に対して従順でもなければ弱腰でもないことは、田中角栄の例やつい最近の鳩山氏自身の政治資金疑惑騷動からも明らかな、公知の事実ではないか。

これを機に鳩山・小沢の連携が機能しだせば民主党政権は今の党内体制を大きく変えることなく少しはまともな改革も実行できるかも知れない(ただ延命的なバラマキやあからさまな参院選向け政策はどうかと思う)。とはいえ民主党内の政策のばらつきや連立与党間の関係を見るにつけ、たしかに政界再編は必須だろうなと実感する。社会党社会民主党や旧社会党系民主党議員の発言を新聞で読む度に、「こういう人と議論しながら妥協点を見いだしてゆくことはまず無理だろ、だってハナから聞く耳持ってないもんね」と思うことがよくある(そうではなさそうな人もいるけれどそういう人に限って前回選挙で落選していたりするんだな)。
いや、書いた後で気分が悪くなる政治ネタはもうやめよう。

(以下、2010/01/27追記)

広告
Tagged with:

公務員ではなくリーダーとして はコメントを受け付けていません。