求道blog

読書日記(2010年2月13日)

Posted in 書籍一般 by UBSGW on 2010年2月13日

ちょっと放っておいたらもう一週間も経ってしまった(このブログのことです)。
2006年に書き始めたこのブログもようよう満四歳となりました。ここ1,2年は更新も間遠になりがちなので、今年こそはと思いながら1月は久しぶりに10回以上更新してみましたが、月が変わって息切れした模様・・・。ここ1週間ばかりは読書日和(お天気があんまりよろしくないということです)が続いたこともあって読む方に専心しておりました。村上春樹の1Q84は続巻がでるとかで、文庫化されるのは当分先のようなのでそれまで気長に待つこととして、今は本棚から「つん読本」を取り出してきては暇を見つけて読んでおります。何冊か読んだ中で特に面白かった(というかまだ読みかけなので「面白い」とすべきか)のはジョージ・ソロスの『世界秩序の崩壊 〜「自分さえよければ社会」への警鐘』、2006年刊行の本なのでほんと「今さら・・・」という感じもありましょうが今読んでも非常に面白いですよ、ハイ。まだ読み終えていないので断言は出来ないですが、邦訳タイトルにある「自分さえよければ社会」というのは、もしそれが原著の文中にある”feel-good society“を訳したものなのだとするとどうも”違うよね”という感じを受けます。いずれにせよ読み終えてからまた書くことにします。
ではまた近いうちに。
[amazon asin=’4270001534′ type=’banner’]
原著:George Soros,[amazon asin=’1586483595′ type=’inline’]


2011/02/02追記
[amazon asin=’4270102764′ type=’banner’]

広告

読書日記(2010年2月13日) はコメントを受け付けていません。