求道blog

オープン・ソサエティとか全体主義とかの覚え書き

Posted in 歴史カテゴリ by UBSGW on 2010年2月21日

ジョージ・ソロスが”The Age of Fallibility”の中で使っていた”feel-good society”という言葉について昨晩ひとしきり考えていたが、ここに書くまでには至らず、今日もちょっと書けそうにない。私が理解したところを端的に言ってしまえば、ソロスはこの言葉に、「自分さえよければ」といったような多少なりとも”主体的・能動的”な意味あいよりも、むしろ口当たりの良いものばかりを選好する(つまり消費者至上主義:consumerismに慣れきった)有権者の非主体的な在り方への批判の色を載せ、さらには、そうした受動的な有権者(それを群集と言い換えてもいいだろう)を十重二十重に取り巻くマスメディア、ひいてはそのような有権者によって選ばれた政権(ブッシュJr.政権)の政策に批判的な目を向けている(この本は2006年、ブッシュJr.再選後に執筆されている)。

ただしそれはこの本の副次的なテーマの一つに過ぎず、そもそもこの本の(そしてひょっとするとソロスの言論活動の)最も大きなテーマとしてソロスは「オープン・ソサエティ」という概念を何度も何度も手を変え品を変えながら書き綴っている。それも単なる市場開放だとか移民の受け入れだとかいう(相対的に)些末な話としてではなく、それらの淵源となるはずの「人間の思考態度そのもの」を起点として論(というよりはエッセイ)を展開してゆく。外界に対して「開かれた思考」と「閉じた思考」。「開かれた社会」と「閉じた社会」。

むろんそれ自体はなんら新しい概念ではない。でもそれは人が不断に配慮せねば保たれ得ぬものであることは確かであるように私は思う。ところで、なぜ彼ソロスはそれほどまでに「開かれた社会」「開かれた精神」に拘るのか。おそらくその理由の一つは、(ハンガリー出身である)彼がナチスとソ連の「全体主義」をまさしく身を以て体験したところにあると私は考える。

ここで私の話は一気に飛躍する(だから覚え書きなのです)。

ファシズム・全体主義の時代を生き抜いてきた人たちは(ソロスに限らず)、ごく近いうちに私たちの身近なところから消えてゆく。既に歴史的には(ある程度)相対化されたと言って良かろう二十世紀型のファシズムあるいは全体主義を、当時の生活の中で否応なく主体的に(それぞれの仕方で)経験させられた人たちが時の流れと共に姿を消したのち、現代人たちは新たな「ファシズムな何か・全体主義な何か」をそれとして確かに認識することができるのだろうか、あるいは(もし既にその萌芽でもが存在しているとすると)現にそれを認識できているのだろうか。

と、そのようなことを考えながら結局読み物としてはまだまとまらなかったので、とりあえずつまらないのを承知の上でここに書いてみた。いずれ改めて書く(書きたい)。
ではまた。

原著:George Soros,[amazon asin=’1586483595′ type=’inline’]
邦訳:ジョージ・ソロス『[amazon asin=’4270001534′ type=’inline’]』

(2010/02/21一部改稿:主にテニヲハを修正)

広告

オープン・ソサエティとか全体主義とかの覚え書き はコメントを受け付けていません。