求道blog

こういうクニだからね

Posted in 社会 by UBSGW on 2010年6月5日

民主党政権の誕生以来、少しはましになったような気もしているが(たぶん気のせい)、それでもまだまだ途絶えることのない冤罪。まあ今をときめく「お役人」のやることであるから、とりあえず政治家の責任では無い。鳩山(前)首相は6月2日の民主党議員総会での辞任表明演説で、有権者が聞く耳を持たなくなったと語っていたが、聞く耳を持たないといえば同じく辞任表明後のぶら下がり会見でのマスコミ記者たちもまた聞く耳を持たないというか、ハナから詰問調で「おいおい、君らの仕事はなんなんだ、オイ?」と言いたくなった。鳩山氏が辞任記者会見を行わなかった理由は寡聞にして知らないが、ああいう記者たちとは口も聞きたくないと私なら思うね。いっそマスコミ会見全廃、かわりにすべてネット中継・ネット配信してもらえばいいんじゃないかと思う。いやいや、以下、聞く耳を持たないといえば取調官だよ、というハナシにつなげたい。

防犯カメラの映像などをもとに男性が窃盗罪で起訴されたが、その映像に映っていたのは当の男性ではなかったのだというのだ。よくあるハナシではある。

盗まれたキャッシュカードで現金を引き出したとして、窃盗罪に問われた金沢市の男性被告(61)の公判で、金沢地裁(入子光臣裁判官)は、現金自動出入機(ATM)の防犯カメラに映った人物と男性は別人とする鑑定結果を証拠として採用した。(中略) 弁護人の織田明彦弁護士らによると、男性は昨年8月に石川県白山市内のコンビニエンスストア内のATMで、同市内の車の中から盗まれたカードで計100万円を引き出したとして、同10月に逮捕、翌月に起訴された。男性は一貫して否認し、織田弁護士は今年1月から始まった公判で「防犯カメラの人物と男性の耳の形状が異なる」などと主張した。 検察側が高度な映像鑑定技術を持つ愛知県警にカメラの映像の分析を依頼したところ、男性が事件に関与した疑いが薄まったため、4月12日に地裁に男性の勾留(こうりゅう)を取り消すよう請求し、認められた。その後、検察側の要請で同県警が再鑑定した結果、別人と断定。地裁は5月21日、この鑑定書を証拠採用した。

「防犯カメラの男「被告と別人」 窃盗罪裁判で無罪論告へ 」(朝日新聞:2010年6月4日)
ところでこういうとき、搜査幹部がその非を認めることは珍しい(まだ判決が出てないようだからどんでん返しあるかしらん)。おお、警察も少しは変わったかとおもいきやさすがは言い訳上手のお役人、本領を発揮してさらにウソを重ねていて呆れたよ。自分の聞きたいことだけが聞こえる耳というのはほんとうに存在するのである。しかしこの幹部を責めてはならない。だって彼の組織では「みんながやっていること」なのだから。その職責にある者の多くが為している非違行為は、(おかしなハナシではあるが)日本の役所の中では「非違行為」とは見做されないことになっている。そのことは数年前の「未履修問題」の顚末からも明らかである。

窃盗罪に問われた金沢市の男性被告(61)の公判で、金沢地裁(入子光臣裁判官)が防犯カメラに映った人物は別人とする鑑定結果を証拠採用した問題で、捜査を担当した石川県警松任署幹部(当時)は4日、読売新聞の取材に対し、「冤罪(えんざい)事件」と認め、「慎重に捜査を重ねたが、自分のミス。(被告に)申し訳ない」と語った。この幹部によると、防犯カメラの映像は鮮明で、誰が見ても本人と思ったという。男性は同署の調べに容疑は否認したが、画像については「『写真は自分』と話した」という。その上で、「画像は自分じゃないと否認していたら逮捕していなかった」と弁解した。一方、男性も同日、取材に応じ、「(県警の調べに)写真は似ているけど自分とは違うと話した」と、幹部の話を否定。「(事件のあった)コンビニに行ったこともないと言った」と語り、(中略)男性の弁護人によると、検察の調書でも、映像の人物は「自分だ」と認める内容になっているという。(以下略)

「防犯カメラ別人映像、当時の署幹部が冤罪認める」(読売新聞:2010年6月5日)
「犬も歩けば棒に当たる」とは、物事を行う者は時に禍いにあうという意味を含むのだそうであるが、今の世の中、歩くまでもなくただぼんやりしていてもいきなり棒で打たれるというのがより実感に近い。だから、そいういう状況の下で「自主防衛」だとか「景気回復」だとか「○○手当支給」とか「××補助金」なんぞに努力する国家というのはただの間抜けにしか見えない。まして政局なんてのぉ・・・。どこの怪談だか。


2010年6月6日追記(続報)

(前略)石川県警が防犯カメラの男が着用していたのに似た白いシャツとメガネを男性の自宅から押収、金沢地検が金沢地裁の公判に証拠提出していたことが5日、わかった。映像の人物と男性の同一性を補強するための証拠だったが、ともに特徴のない量産品とみられ、捜査関係者は結果的に証拠価値の評価を誤っていたことを認めた。(中略)防犯カメラの映像では、よく似たシャツとメガネを身に着けていた。男性被告によると、県警の取り調べで両方を見せられ、「顔も服装も似ている」と追及された。男性は、コンビニ店の映像の男に自分がいつも着けているネックレスがないことを指摘して否定したが、捜査員は「犯行の時は外せる」と取り合わなかったという。捜査関係者は「映像はノースリーブというのがわかる程度。誰でも持っていそうなシャツという印象だったが、60代の男性が同じシャツを着ていることに引きずられてしまった」としている。

「防犯カメラ別人、男性宅から『証拠シャツ押収』」(讀賣新聞:2010年6月6日)
砂上の楼閣にすぎなかったわけだが、役人からすれば「一丁上がり」のお茶の子さいさい、というわけだ。

広告
Tagged with: ,

こういうクニだからね はコメントを受け付けていません。