求道blog

(メモ)Jean-Guihen Queras plays J.S.Bach

Posted in 音楽・映画 by UBSGW on 2010年9月12日

敗戦前後の歴史について書かれた本を読みつつインターネットラジオを聴いていたらふとドボルザークのチェロ協奏曲が流れた。威勢の良い独奏が印象的だったので、当のチェロ奏者 Jean-Guihen Queras(ジャン=ギアン・ケラスと読むらしい) をちょっと検索サイトで引いてみた。私自身は彼の名前を初めて聞いたが既に10年以上前に来日しているのだそうな。
下の動画はドボルザークではなくJ.S.バッハの無伴奏チェロ組曲から。演奏する外見は好みの岐れるところだろーが、ま、目ぇつぶってでも聴き給え。

むーん。秋の夜長にはバッハが一番だな(ひたすらボケーッとできる音楽てえことだ)。
ま、しかしもうちっと涼しくならんとね・・・。
んではまたの。

広告
Tagged with:

(メモ)Jean-Guihen Queras plays J.S.Bach はコメントを受け付けていません。