求道blog

目糞鼻糞を笑う、いや人糞鼻糞を笑う

Posted in 行政 by UBSGW on 2010年10月29日

以下、しばらくまえ(今年9月)の話題であります。
このエントリは(注意深く観察すれば分かるとおり)書きかけのままずっと(ま、3週間程度だが)放置していたにもかかわらず、最近では自宅近辺に押しかけるだけにとどまらず、家人知人らを通じてまで「はよう書け書け」という「親切過分な圧力(?)」をかけてくださる一人二人といわずおられるようなので、それらを放置するのは心苦しくもあり、またそう言われてみればまぁせっかく書いたものを公開しないのも勿体ないなということで、結局まとまりもつかぬままだがあげることにする。そもそも人様の後押し(というか叱咤激励過賞悪罵)がないとブログの更新もなんとなく滞りがちなので、更新が滞ったらまた「圧力(?)」よろしく。む、いっそ「専属ライター」にでもなるか? 「カン詰め」でさ、せっせとブログ書く。報酬は「三度のメシと一日二本のタバコ」 ((「三度のメシと一日二本のタバコ」というこの表現はちいとばかり捻りすぎたきらいもあるが、知れば、分かる。分かるだろ?)) 、とかな。ま、好きなこと書きたいことを書いてよいのなら考えぬでもないがな。いや、冗談だ
そもそもこのブログは完全匿名(のはず)なんだ。はっはっは。
(以下、本文)


は?。
まさしく「政治的発言」の典型例だよな、こりゃ。
よう言うわ。

国民新党の亀井静香代表は22日の記者会見で、大阪地検特捜部検事による証拠品改竄事件について、「こんなことが警察で起きたら、現場の課長や署長が責任をとるだけでは終わらない。立派な検事総長であれば当然、自分で分かっている」と述べ、大林宏検事総長の進退問題に発展するとの見方を示した。亀井氏は自身の警察官僚経験を踏まえて「考えられないことが起きた」と指摘した。

「国民・亀井代表、検事総長の進退に言及『立派な検事総長なら当然、分かっている』」:2010年9月22日MSN産経ニュース

「こんなことが警察で起きたら、現場の課長や署長が責任をとるだけでは・・・」
「自身の警察官僚経験を踏まえて『考えられないことが起きた』と指摘」

おーい。正気かね?
「検察」に輪をかけたのが「警察」。これ事実。
もし検察が事実を枉げる程度とすれば警察は切羽詰まれば「事実」 ((カッコつきであることに留意せよ)) を新たに作出するところまでやる。それに比べれば検察の証拠「改竄」なぞ子供だましみたいなもんだで。そもそも警察は、悪知恵 ”追い込み”にかけては「検察なにするものぞ」、だぞ。そういえば元検事総長伊藤栄樹もその回想録『秋霜烈日』でそれらしいことを書いていたような覚えがあるな。勝負にならぬ、と。(うろ覚えなので、興味があれば一読推奨。 (( 「ここで、たとえ話を一つしよう。よその国の話である。 その国の警察は、清潔勝つ能率的であるが、指導者が若いせいか、大義のためには小事にこだわらぬといった空気がある。そんなことから、警察の一部門で、治安維持の完全を期するために、法律に触れる手段を継続的にとってきたが、ある日、これが検察に見付かり、検察が捜査を開始した。 やがて、警察の末端実行部隊が判明した。ここで、この国の検察トップは考えた。末端部隊による実行の裏には、警察のトップ以下の指示ないし許可があるものと思われる。末端の者だけを処罰したのでは、正義に反する。さりとて、これから指揮系統を次第に遡って、次々と検挙してトップにまで至ろうとすれば、問題の部門だけでなく、警察全体が抵抗するだろう。その場合、検察は、警察に勝てるか。どうも必ず勝てるとはいえなさそうだ。勝てたとしても、双方に大きなしこりが残り、治安維持上困った事態になるおそれがある。 それでは、警察のトップに説いてみよう。目的のいかんを問わず、警察活動に違法な手段をとることは、すべきでないと思わないか。どうしてもそういう手段をとる必要があるのなら、それを可能にする法律をつくったらよかろう、と。 結局、この国では、警察が、違法な手段は今後一切とらないことを誓い、その保障手段も示したところから、事件は、一人の起訴者も出さないで終わってしまった。検察のトップは、これが国民のためにベストな別れであったといっていたそうである。(中略)わが国でも、かりに警察や自衛隊というような大きな実力部隊を持つ組織が組織的な犯罪を犯したような場合に、検察は、これと対決して、犯罪処罰の目的を果たすことができるかどうか、怪しいとしなければならない。そんなときにも、検察の力の限界が見えるであろう。もっとも、そのときはそのときで、どこかの国でのように知恵を働かす余地がないでもないが。」 伊藤栄樹著 『秋霜烈日』 朝日新聞社 1988。 )) )

ま、今日のところはそういうことで。
法務省の取調べ可視化に関する報告書がおもろ過ぎるのでそれについてはまた近々。
ほなね。

広告

目糞鼻糞を笑う、いや人糞鼻糞を笑う はコメントを受け付けていません。