求道blog

2010年11月1日のメモ

Posted in 社会 by UBSGW on 2010年11月1日

勢いだけで文章を書くとどうもいかん。まとまりがつかず、何を言っているのか分からず支離滅裂な文章になる。昨日のエントリがまさにそうだったんだが、あれでもいちおうひとわたり書いた後に半日寝かせて読み直し書き直ししたんだが、元が箸にも棒にもかからない支離滅裂文なもんでいくらあがいてもどうにもならず、全くコントロール不能状態となったにもかからわず、ついつい「もったいないしな」で公開してしまって反省している。「書くことに意義がある。ふん。」は単なる言い訳強がり捨て台詞でアリマシタ。今日は自動車学校内でのドライブのようにゆっくり慎重に書いてみるとする。

とか言いながらそもそも今日は何を書くか決めてすらいない。そこでこの半年ばかりの間に読んだニュースのなかから思いつくままメモしてみる。後日このメモをもとに何か書くかもしれぬ。

  • 年金記録全件照合
  • 足利事件無罪判決
  • 郵政不正事件と大阪地検証拠改竄事件
  • 大阪府警の恫喝刑事
  • 劉暁波のノーベル平和賞受賞
  • 中国漁船衝突事件
  • 「全国空襲被害者連絡協議会」(全国空襲連)結成
  • タモガミ元空将

ん、たったこんだけか? なんだか少ないな(何か思い出したらあとで追記することとする)。とりあえずメモを書いているあいだに一言書いておきたいことを思い出したので少し書いておく。

9月7日に尖閣諸島近海で生じた海上保安庁と中国漁船の「衝突事件」以後、日中関係とかビデオ公開の是非云々で今も騒がしい。しかしそれについては私の知ったことではない(知っていることがない)のでさておくとして、それ以後たびたび中国関連施設へのいやがらせ事件が起こっているというのが気になる。「気になる」の意味は、そうした(国家間のいざこざに付随した)いやがらせが特異だから気になるひっかかるというのではなく、それどころかとても「ありふれた事件」であるからこそイヤな感じがするということだ。で、本来ならこのあとに「なにゆえそういうのがイヤなのか、嫌いなのか」を書いてこそブログなのでありませうがね、もう少しよく考えてから書きたいと思うのでそれについてはまたいずれ(お、ひさびさ書いたな、このフレーズ)。

いや、あらかじめ一言だけ書いておこう。
世の中には「私は○○のようなものは嫌いなんです」などと言ったり書いたりすると、わざと(まさしく嫌がらせとして)そういうことを仕掛けてくる馬鹿やヒマジンや世間知らずがいたりもするのでな、「饅頭キライ」とでも書くかもわからん。ただ、しかしな、何かを言明するにあたってそうしたことを考慮せざるを得ないような世の中つーのは,既にその時点で民主的な社会でも、あるいは「言論の自由」が身についた社会でもないことを示している。「おまえだけだろ、そんなこと思うのは」と言うやつは、えーとえーと、「失せろ」だな。おっと失敬、訂正する。「にちゃんでもお読みなさいな」

残念ながら今の私には、現在の日本が民主的で言論の自由が存在するクニだとはちょっと思えん。せいぜい一党独裁国家中国に毛が三本生えたくらいなものだと思わぬでもない。こういうことを書くと、何も知らずに読む人は私のことを特定党派の支持者だとかプロ市民だとかキチガイだとかカルト宗教信者だとか(各自がそれと見たい者として)見なすのかもしれないが、たとえそういう誤解が生じるおそれがあるとしても、今の私は「ほんとに日本に言論の自由なんてあるのか?オイ」と言わざるを得ない。そう言わざるを得ない理由は何か、と? ただ、そう思うからだよ。そう思うからそう書いているだけの話だ、自由にな。なお、日本は巷で言われているような民主国家ではないのではないかと考えるに至った理由といくつかの事実については、今回は省略しようと思う。ただ、少なくとも下のような出来事が立て続けに起こるようなクニが民主的なクニであるとは言い難い。別の言い方をすれば、下のような行為がまともな人たちから轟然たる非難を浴びせられることのない社会なんてものは、到底民主的な社会であるとは言えないのではないか、とそういうことだ。
ふつうにいけばたぶん下の事件はいずれ未解決のまま忘れ去られてしまうだろう。しかしそうならないことを期待している。中国人のため(だけ)でなく、わたしたち日本人のためにな。

華僑の子どもらが通う神戸市中央区の神戸中華同文学校に27、28日、男の声で「尖閣諸島の件、なめたらあかんぞ。殺すぞ」などという脅迫電話が計3度かかったほか、28日には生徒に危害を加えるという内容の脅迫文が郵送されたことが、兵庫県警への取材でわかった。県警は学校周辺の警備を強める方針だ。

「『尖閣の件、なめるな』神戸の中華同文学校に脅迫相次ぐ」(2010年9月29日朝日新聞)

東京都港区の中国大使館に今月8日、ライフル銃の実弾とみられる金属弾が入った封筒が郵送されていたことが、警視庁幹部への取材でわかった。

「中国大使館に実弾?入り封筒、手書きの手紙も」(2010年10月15日読売新聞)

東京都港区の中国大使館に今月20日、ライフル銃の実弾とみられる金属弾が入った封筒が郵送されていたことが、警視庁幹部への取材でわかった。

「中国大使館にまた金属弾…脅迫容疑で捜査」(2010年10月25日読売新聞)

東京都港区の中国大使館に、赤い液体が入った小さなプラスチック容器が郵送されていたことが分かった。警視庁が脅迫容疑などで調べている。警視庁によると、容器は29日に茶封筒に入った状態で届いた。差出人は「赤報隊隊長」と書かれ、消印は兵庫県宝塚市内だった。液体の性質を調べているが、危険性は低いとみられる

「脅迫:中国大使館に赤い液体郵送 警視庁、容疑で捜査」(2010年10月30日毎日新聞)

広告
Tagged with:

2010年11月1日のメモ はコメントを受け付けていません。