求道blog

平成二八年

Posted in 備忘録 by UBSGW on 2016年4月7日

格別書きたいことも書くべきことも無いのであるが、4月の新年度らしいニュースなどを見聞していてふとこのブログを書き始めてから今年でちょうど10年という節目であることに気がついたのでこれを書いている。

この10年のうちにブログの置き場所(インターネット上のアドレス)は Seesaa からさくらサーバー上の WordPress 、そしてここ wordpress.com と転々としたしブログのデザインも何度か変えたけれども、その間に変わったことといえばたぶんそれくらいで後は何も変わりない、おどろくほど。(閲覧者が少ないのも変わりなく。)
いまは(このブログ内の)見えるところには出していない(連絡先としての)メールアドレスも一貫して変わりないが、メールアドレスを公開した状態だと何かと鬱陶しいのもあって非表示にしているのは誰かがNTTの電話帳への電話番号の掲載を希望しないのと似たような理由なのかもしれぬ。ともかく必要なときはコメントフォームに書き込んでもらえれば済むのでそれでべつに不便もなかった。

ブログに限ったことでなくともまあ「10年ひとむかし」というくらいだからいろいろと変化があってしかるべきなのかもしれないが、私自身に関して言えばまあ馬鹿々々しくなるほど変化のない10年だったというのが実感ではある。あるいは私自身が視角を変えて見れば大きな変化といったものが見えてくるのかもしれないが。

もし、この3年近く(といっても2010年以降の投稿は数えるほどなので実質的にはその倍ちかくだが)放置したままのこのブログに改めて何か書き加えるべきことが有るかと問われたなら、私は「無い」と答える。「書くこと」がなくなった理由は東北大震災、とりわけ福島の原子力発電所の事故に言及しているエントリを読んだ人にはおよそのところは明らかだろうと思うのでここでは繰り返さない。

わざわざ言うほどのこととも思えぬが念のために言い添えておくと、そもそも大層な目的かなにかがあってこのブログを書き始めたわけではない。日本のことや政治、社会のことについて書くことが目的でもなかったし今もそれは変わらない。ただ、何を、何について書くにせよせめて一服のユーモアを、とは常々思いながら思いつくまま書いていたのが、あの震災と、そして特にその後のありさまを見聞して以来何かを面白おかしく書くということに強い抵抗を覚えるようになった。ユーモアにはなじまない出来事や人間の行いというのは私はあると思っている。そうして震災後しばらく経ってからいささか無理をして書いてみたこともあったが、その文章は当時も今も読むに耐えない。しかし今もそれを公開し続けているのは、その目も当てられない文章を読み返すたびにあのころ自分自身が感じていたいろいろなものがはっきりと蘇ってくるという一種の「感情再生装置」になっているからである。

もし、今後また何か書くべきことがあれば、あるいは書くべき時が来れば再び何かを書くこともあるかもしれないが、いまのところそのような何かも無ければまたたとえ何かがあったとしてもそもそも大して長いわけでもない内容があるわけでもない文章を書くぐらいのことですら「息切れ」がして気力体力が続かないので書きようがないし、そういう状態で無理に書けばまたいつかの読むに耐えない文章の類が増えるだけだろうと思っている。

そういうわけなので次回のエントリはいちおうブログ開設20周年記念となる2026年の予定、と言っておく。


10周年記念というわりに文字ばかりで殺風景なのでせめて景気の良さげな絵か写真でも添付しておきたいところだがいまは適当なものが見当たらない。
先日某所でゴッホのまとまったコレクションを観てからというもの、インターネット上でゴッホの作品を探しては眺めてを繰り返しているうちに気に入った作品がいくつもできたので、そのうち何かアップロードしようか。(ゴッホでは景気づけにはなりそうもない気もしないではないがまあそれでも無いよりはましだろう。)

Vincent van Gogh, At the Foot of the Mountain

Vincent van Gogh, At the Foot of the Mountain

広告

平成二八年 はコメントを受け付けていません。