求道blog

「大本営発表」とJBpress アワセテヨミタイ

Posted in 報道・ジャーナリズム by UBSGW on 2011年2月14日

しばらく書くことをサボると、思考が細切れになってしまってひとつの文章にまとめることに難儀する。頭に浮かんだ単語だけここに書き留めてもなんのことやら分かりもすまいが、ためしに挙げれば「大本営発表」、「JBpress」、「エコノミスト」となる。これだけでは自分でもなんのことやら分からないので今から少し頭を使ってみるとする。

「英国人が絶賛する日本の首相」(JBpress)とあるのを見て、古びた元人気芸能人が看板になった詐欺商法を思い浮かべた私は、一言で言えばそいうのが嫌いである。「それがどーした」。で、この記事のよく分からないところは、タイトルと記事内容の関連が薄い上に、記事の末尾に「自分にはエコノミストの記事は皮肉の固まりとしか読めない」とあってこれまた記事タイトルとは合致しない。そのへん、言うに言われぬ事情でもあるのかー。ともあれその「英国人」が日本の首相を絶賛しているというのは2月10日付の「日本の政治:日本開国」(JBpress)で、その元ネタは “Opening Japan to the world” (The Economist) である。

ところで、コンピュータ関連のニュースサイトあたりでは、翻訳記事の場合に元記事へのリンクを貼ってくれていることが多いのでいちいちGoogleさんにお尋ねする手間がいらないが、インターネット以前からの古い店(サイト)は日付と媒体名くらいしか書いてくれないので面倒だ。そうかといってその手間を惜しむと、時には翻訳記事に騙されてしまうということもあるのでなおさら鬱陶しい。ちなみに上の翻訳記事自体はそういう騙し記事というほどではない。が、単体の記事としてはともかく、「英国人が絶賛!」というのは正確とはいえないようだ。

さて、エコノミストのサイトをのぞいてみると、先に記した元記事と同じ日付の “Shaking up Japan: Bold, or plain reckless?”というのがある。記事の冒頭には、自分を取り囲む黒服黒ネクタイの屈強な男たちとは対照的に上着を脱いだラフなネクタイ姿でニヤニヤ笑っている男の写真が掲載されている。その写真、見ようによっては、周囲の世界と隔絶した(隔絶された)みすぼらしい一人の男にも見えるし、あるいは周囲の「抵抗勢力」から黒服の公務員によって守られている「指導者」にも見えないことはないようだ。いずれと見るにせよ、他に無いわけでもなかろうにあえてこういう写真を選択して掲載する「英国人」とやらが当の男を絶賛しているのだとすれば甚だ奇異なことではある。

一つ目の記事はもとよりこちらの二つ目の記事を読んでみても、どこをどうひっくり返して読んでも絶賛のゼの影すら見いだせないのは私のつたない英語力のせいなのかもしれないが、この記事はこう結ばれている。

Yet if push comes to shove, there is a chance that Mr Kan—or a more charismatic substitute—might pull it off.


参考:S&P downgrades Japan to AA-

広告
Tagged with: ,

「大本営発表」とJBpress アワセテヨミタイ はコメントを受け付けていません。

報道の自由ランキング 2009〜2010

Posted in 報道・ジャーナリズム by UBSGW on 2010年11月11日

ヒマネタ。2006年以降のこのランキングについて過去に二つのエントリを書いているので、その流れで書いているだけ。
気が向いたらそのうち「そーかつ」してみるかもしれぬ、ヒマネタとして。いや、べつに暇では無いんだが。

(個別記事ページ(“Permalink“)にとべば過去に書いたエントリが表示されます。・・・・された!?)

“Press Freedom Index”における日本の順位:

( )内はスコア又はポイント。数字が小さいほどランキングは高順位となる。

  • 2010年 :11位/178国 (2.50)
  • 2009年:17位/175国 (3.25)

各年の日本に関する特記事項:

2010年:
無し
2009年:
無し
(アジア地区についてのセクションに、オーストラリア・ニュージーランドと並べて「報道の自由が尊重され、またジャーナリストを標的とした暴力が見られないことから、わりと高いランクに食い込んでいる」とある)

出典:REPORTERS WITHOUT BORDERS

報道の自由ランキング 2009〜2010 はコメントを受け付けていません。

広告を見て驚いた

Posted in 報道・ジャーナリズム by UBSGW on 2009年11月30日

日曜日の晩にボーとテレビを見ていたらgoogleの検索画面がうちのテレビに表示されていた。パソコンの検索画面を模したCMはしばしば目にしていたのでまたどこかの企業のCMだと思って何の気なしに眺めていたらとうとうCMの最後までgoogle以外にはそれらしい企業名は出ていなかったので、「はて、どこの会社のコマーシャルだろうか・・・」とCMが終わってから3秒間熟考した。「あー、google?もしや?」
私にとってgoogleは「何をいまさら?」つーくらいなじみの深いものなのでね。
ひょっとして私が何かを見落としただけのかもしれない・・・、といまだに半信半疑ではある。強いてたとえれば、ある日の朝刊の広告欄に「過払い金取り戻せます」ってえ弁護士事務所の広告と仲良く並んで某県警の広告が載っていたのを見たときと同じくらいには驚けたですよ。驚きの方向性はまるで正反対ではあるけどね。
ええ、タイトルそのまんまですよ。ひねりが無くてごめんなさいよ。んじゃぁまた。

Tagged with: