求道blog

There is no vice so simple

Posted in 格言集 by UBSGW on 2009年3月17日

世にむきだしの悪というものはない。かならず大義名分を表に立てているものだ。

福田恆存訳「ヴェニスの商人」

There is no vice so simple but assumes
Some mark of virtue on his outward parts:

The Complete Works of William Shakespeare

広告

There is no vice so simple はコメントを受け付けていません。

I am in this earthly world

Posted in 格言集 by UBSGW on 2009年3月3日

ここでは、悪いことをして、かえって賞められ、よいことをして、危ない目にあい、ばか呼ばわりもされかねない

福田恆存訳『マクベス』新潮文庫

I have done no harm. But I remember now
I am in this earthly world; where to do harm
Is often laudable, to do good sometime
Accounted dangerous folly: why then, alas,
Do I put up that womanly defence,
To say I have done no harm?

The Complete Works of William Shakespeare

ついでに、「定額給付金」を巡る一連のやりとりを見聞する度に思うこと。

ああ言えばこう言う。
ああ言われればこう言われ。

貰うと言えば「ええかっこすな!」、「貰わない」と言えば「さっきと言ったこと違うやないけ!」
そして人気欲しげに右往左往。

一億総チンピラ化とはもはや冗談では済まなくなったのであろうか。
景気がいずれ回復するとの淡い期待と将来の税収を当て込んで負債ばかりが積み上がり、”期待バブル”の破裂もどうやら刻々近づいている。
種も播かず肥料もやらずにいったいこれからなにが”成長”するのかさっぱり分からない。「カネちゅう万能特効薬やっとるやんけ」、ですかい?それはたとえて言えば人間の生命力を度外視した「延命治療」というべきではないか。

いくらでも血を流すがいい、みじめな祖国の運命! 荒狂う暴政のあらし、思うぞんぶん国の岩根を揺るがすがいい、善も、もう貴様の力をおさえられぬのだ、さあ、いくらでも非道のふるまいに手を汚したらいい、苦情を言うものはどこにもいないのだぞ!

福田訳前掲書

Bleed, bleed, poor country!
Great tyranny! lay thou thy basis sure,
For goodness dare not cheque thee: wear thou
thy wrongs;
The title is affeer’d!

Complete Works of William Shakespeare

I am in this earthly world はコメントを受け付けていません。

If it be not now, yet it will come

Posted in 格言集 by UBSGW on 2009年1月30日

前兆などというものを気にかける事はない。一羽の雀が落ちるのも神の摂理。来るべきものは、いま来なくとも、いずれは来る—–いま来れば、あとには来ない—–あとに来なければ、いま来るだけのこと—–

福田恆存訳『ハムレット』新潮文庫

Not a whit, we defie augury, there is speciall prouidence,in
the fall of a Sparrowe, if it be, tis not to come, if it be not to come,
it will be now, if it be not now, yet it well come
, the readines is all,
since no man of ought he leaues, knowes what ist to leaue betimes,
let be.

Hamlet (Quarto 2, 1604)[Internet Shakespeare Edition]

Not a whit, we defy augury: there’s a special
providence in the fall of a sparrow. If it be now,
‘tis not to come; if it be not to come, it will be
now; if it be not now, yet it will come
: the
readiness is all: since no man has aught of what he
leaves, what is’t to leave betimes?

The Complete Works of William Shakespeare
(more…)

If it be not now, yet it will come はコメントを受け付けていません。